総事業費92億円 石狩湾新港東地区国際物流ターミナル

2021年04月02日 10時00分

小樽開建は岸壁240mなど 管理組合は埠頭用地を整備

 国土交通省の2021年度新規事業として採択された石狩湾新港東地区国際物流ターミナル整備の概要が明らかになった。事業期間は21―26年度の6年間。総事業費は92億円で、小樽開建がマイナス12m岸壁240mなど、石狩湾新港管理組合が埠頭用地9・9haをそれぞれ整備する計画。21年度は東岸壁と埠頭用地の調査などを進める。

 石狩湾新港東地区を利用する鉄リサイクル企業などの海上輸送需要に対応するため、大水深岸壁を整備し、地域基幹産業の競争力強化につなげる大型プロジェクト。

 同港の鉄スクラップ輸出量は全道1位を誇り、東地区には鉄スクラップの集積と品質別の仕分けが可能な埠頭用地9haがある。

 近年、鉄スクラップの輸出先が東アジアから東南・南アジアへとより遠方になり、それに伴い船舶が大型化。しかし、既存のマイナス10m岸壁では水深不足で、減載出港を余儀なくされ、経済損失が発生している。

 また、韓国の鉄スクラップ輸出も急増しているため、国際競争力強化の観点からも大型船舶への対応、集積・保管エリアの拡大を図ることにした。

 全体の整備概要は、小樽開建による直轄分がマイナス12m岸壁240m、マイナス12m航路・泊地27・5ha、マイナス12m泊地1・3ha、港湾施設用地2・4haで約70億円、組合分が埠頭用地9・9haで約22億円となっている。港湾施設用地と埠頭用地の埋め立てに向け、用地の東側240m、北側512・2mに重力式護岸を整備する。

 このうち同組合の施工分については、21年度に東地区の地質調査のほか、護岸断面や施工方法の検討、工程計画を含めた基本設計を実施する予定。着工は早ければ22年度となる。小樽開建では21年度にマイナス12m岸壁の調査を進める見通しだ。

(北海道建設新聞2021年4月1日付20面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 港湾 物流

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。