再エネ100%に 札幌市時計台が使用電力切り替え

2021年04月03日 10時00分

 札幌市は3月31日、国指定重要文化財の札幌市時計台について、きょう1日から使用電力を再生可能エネルギー100%に切り替えると発表した。道内の国指定重要文化財としては初。国内外から多くの人が訪れる観光名所であることを生かし、SDGsやゼロカーボンシティの取り組みのPRなどにつなげたい考え。

使用電力を全て再エネ由来とする札幌市時計台

 中央区北1条西2丁目にある札幌市時計台は、1878年に建築し、1970年に国の重要文化財に指定された。規模はW造、2階、延べ831m²となっている。

 施設の指定管理者を担うエムエムエスマンションマネージメントサービスが市のゼロカーボンシティ宣言などに賛同。道内のJ―クレジットを購入することで、使用する電力を再生可能エネルギー100%とする。夜間ライトアップも含めた全館の電力が対象だ。

 市は、市有施設の使用電力を再生可能エネルギー100%に切り替えることを検討中で、時計台の取り組みを先駆けと位置付けている。

(北海道建設新聞2021年4月1日付20面より)


関連キーワード: エネルギー さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。