道央3市 にぎわい取り戻せ 商工会・会議所トップに聞く

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴う生活様式の変化や、外出自粛などは地域経済に大きな影響を及ぼした。現状を打破しようと各自治体が模索する中、ボールパーク(BP)整備が着々と進む北広島、交通アクセスの良さから企業誘致が好調な恵庭、空港と自衛隊を抱える千歳という道央圏3市も感染症対策と併せ、それぞれの特徴を生かしたまちづくりを展開する。にぎわい回復には、どのような取り組みが必要となるのか。各地域の商工会議所、商工会のトップ3人に話を聞いた。(建設・行政部 瀬端 のぞみ記者)

道央3市 にぎわい取り戻せ 商工会・会議所トップに聞く(2)恵庭商工会議所会頭 中泉澄男氏

2021年04月20日 12時00分

地元企業同士の連携を支援

中泉澄男会頭

 ―新型コロナウイルス感染症の影響は。

 やはり飲食業界は大きな打撃を受けた。もともと多くはない観光や宿泊業も落ち込み、どの業種も大なり小なり影響が出ている。それでも徐々に接客時の対応など対策が進み、若い世代を中心にテレワークも浸透してきている。ただ、人と会う機会が失われ、情報交換の場も減っているため企業の実態把握は難しい。

 ―どんな支援に取り組んだのか。

 経営相談窓口の強化や、小規模事業者持続化補助金の申請手続き支援などに取り組んだ。各種補助金は助かる半面、補助金だけあっても事業者の心が折れてしまってはどうにもならない。地域経済を回復する特効薬は、なかなか見つからない。会議所自体が資金を持っているわけではないので、各種情報を提供する形で支援したい。

 ―企業誘致や移住施策では成果が出ているが。

 市内を見ると、工業団地は埋まり、住宅については土地不足という課題はあるが道央圏に位置していて場所的には魅力的だ。職種を選ばなければ雇用もあるため、派手さはないがバランスの取れたまちではないか。道内でも札幌に近く、移住者もいて田園住宅も埋まっている。行政が取り組む移住施策を継続してほしい。

 ―市内経済の見通しは。

 建設業でも影響の度合いは異なり、住宅関連は営業活動で規制を受けるなど苦労している。公共工事の恩恵を受ける企業と受けない企業に分かれるが、自治体発注の工事は今後も必要だと考える。また、恵庭には自衛隊があり建築系では住宅防音の工事が長年続いていて、全てを地元の企業が受注している訳ではないが一定の効果がある。自衛隊については家族単位で人の動きがあり、飲食や買い物といった波及効果も見られ影響は大きい。

 道内他市町村と比べ、恵庭はまだ民間企業が多く残っている地域。感染症の流行で落ち込んだ経済の回復に「これだ」というものはなかなか見えず、道のりは長いが情報交換しながら地元企業同士で手が組める形があれば良い。そこを支援していきたい。

 中泉澄男(なかいずみ・すみお)1952年2月4日生まれ。郷土建設(恵庭)会長。2013年11月1日から恵庭商工会議所会頭を務める。

(北海道建設新聞2021年4月12日付10面より)


道央3市 にぎわい取り戻せ 商工会・会議所トップに聞く 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。