空を舞うマガン、ハクチョウ 空知に春告げる渡り鳥

2021年04月24日 10時00分

美唄市豊葦町の水田に降り立った渡り鳥

 渡り鳥たちのように過ごせる日はいつになるのだろうか―。岩見沢市など一部では記録的大雪を記録し、厳しかった空知の冬が明け、春の訪れを告げるように渡り鳥が多数飛来している。

 例年3月ころから、マガンやハクチョウなどの渡り鳥が美唄市の宮島沼をはじめ、北海道に飛来する。水田で餌をついばみ栄養補給をした後、4月下旬にはロシアなどに向けて旅立っていく。ことしは積雪が多かったが雪解けも早く、おおむね例年通りの飛来となった。

 昨年からのコロナ禍で人々の生活は一変したが、そんなことは関係なしと言わんばかりに、渡り鳥たちは例年通りに空知管内に現れ、そして飛び立つ。

 渡り鳥が飛び立つ頃、建設業界は着工期に突入する。一刻でも早くいつもの生活に戻れるよう、ことしも感染症に注意を払いつつ、安全対策に取り組まなくてはいけない。(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年4月21日付10面より)


関連キーワード: 景観

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。