水素などを生成に成功 十勝沖のメタンハイドレートから 

2021年04月23日 15時00分

 北見工大環境・エネルギー研究推進センターは、2020年11月に十勝沖海底で採取した表層型メタンハイドレートから、水素とカーボンナノチューブの生成に成功した。北見工大は、今回得られた成果を社会実装できれば、将来の水素原料の安定供給に役立つことが期待されるとしている。

 同センターは非在来型天然ガスやバイオガスなどを用いる脱炭素・水素地域社会の実現に向け取り組んでいる。20年11月には、北大水産学部付属練習船「おしょろ丸」を用いた共同利用航海を実施。水深935mの海底で重力式コアラーにより表層型メタンハイドレートの採取に成功した。

 このメタンハイドレートから取り出したメタンと、北見工大が開発した触媒を用い、二酸化炭素が発生しない化学反応によって、メタンハイドレートに由来するメタンから水素を生成することができた。

 さらに、メタンを構成する炭素は、リチウムイオン電池や強化樹脂などへの応用研究が進んでいるカーボンナノチューブとして回収できた。

(北海道建設新聞2021年4月22日付11面より)


関連キーワード: エネルギー 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。