おとなの養生訓

おとなの養生訓 第206回「感染について」 周りの差別こそが問題

2021年04月26日 09時00分

 感染とは、病原体が体に侵入して増殖したことを指します。病原体が体の表面に付着しただけでは感染ではありません。感染といえる病原体の増殖の仕方は、病原体の種類によって異なります。

 細菌は自ら細胞分裂を繰り返して増殖するので、体の中で水分や栄養などの環境が整えば、増殖して感染が成立します。一方、ウイルスは自らの力で増えることはできません。必ず、取り付いた生物の細胞の中に侵入して、その細胞の仕組みを利用して増殖しなければなりません。つまり、ウイルスの感染には、手間がかかるのです。ウイルスが体に入り込み、細胞の中に取り込まれて、初めて増殖できるわけです。

 さらに、ウイルスが侵入した細胞が、免疫担当細胞に発見されると、ウイルスの増殖が進む前に排除されてしまいますので、ウイルス感染の成立までのハードルはたくさんあります。ウイルスがいても体に入り込まなければ感染しませんし、入り込んでも細胞に取り付けなければ感染は成立しません。もし取り付いても、細胞の中に入り込まなければ、やはり感染しないのです。感染の成立の確率は意外と低いのです。

 このことは、1人のウイルス感染者の周りに10人の未感染者がいた場合、何人にうつるかを示した「絶対再生産数」によっても明らかです。新型コロナウイルスの場合、10人中2ないし3人と推定され、手当たり次第に感染するものではなく、ある人が感染するかどうかは、確率の問題であることが分かります。

 実際の感染では、感染するときの環境(会食、三密)や、マスクの使用などに左右されますので、それを加味した数値が「実効再生産数」になります。新型コロナウイルスの感染拡大第3波の北海道で、1・7程度と算出されます。1人の感染者から新たに出た感染者は2人程度という計算です。やはり確率に左右されることになります。

 感染の確率が高い条件、すなわち、会食や密集、密接、密閉の三密、マスクの未着用、手洗いをしないことなどを避けるのはとても重要です。しかし、もし感染してしまったとして、それ自体は確率の問題であり、感染した人が責任を負う必要は何もなく、周りが非難をする理由は全くないのです。感染者差別こそ問題なのです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)

(北海道建設新聞2021年4月23日付3面より)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。