江別市本庁舎耐震化 検討委設置し建設地や手法など協議

2021年04月26日 10時00分

 江別市は2021年度、市役所本庁舎耐震化に関する検討委員会を設置する。有識者4人程度で構成。早ければ6月下旬に1回目の会合を開き、市が示す建設地や規模、耐震化の手法について話し合う。市民の意見はアンケートやパブリックコメントで取り入れ、22年度の基本構想策定を目指す。

 高砂町6にある本庁舎(RC一部S・SRC造、地下1地上4階、延べ5346m²)は1966年度に、隣接する市民会館(SRC造、地下1階地上3階、延べ5843m²)は73年度にそれぞれ建設し、どちらも耐震化が必要な状態。庁内で整備手法など検討を重ねてきた。

 21年度は、有識者で組織する検討委に市がたたき台を示し意見を募る。9月の市民アンケート、年内に実施見込みのパブリックコメントを経て方向性を固め、22年度の基本構想策定やその後の基本計画策定着手を目指す。

 現時点では、費用対効果の面で耐震改修より建て替えが現実的とみている。建て替えの場合、分散する別館、第二別館、教育庁舎、錦町別館、環境事務所、土木事務所、水道庁舎を本庁舎に集約する考え。どの部署を本庁舎に配置するか、21年度に各部署の意見を把握する。

 各施設に必要な面積と事業費は、本庁舎が延べ1万6300―1万8300m²で、事業費が82億3000万―91億3000万円。市民会館が延べ5800m²、39億4000万円とし、合築も視野に入れて検討する。

 現在地のほか、適地とする建設候補地は向ケ丘26の江別高跡地。敷地面積4万7175m²で、建ぺい率60%、容積率200%の第2種中高層住居専用地域となっている。01年度に取得し、職員駐車場やイベント会場などに使用している。

 財源確保に向けては、江別市など道内9市が1日付で市庁舎整備に有利な起債制度創設を要望する会を設立した。5月の北海道市長会や6月の全国市長会に連名で要望するほか、会独自の活動として7月ごろに総務省や道内選出国会議員への陳情に取り組む計画だ。

(北海道建設新聞2021年4月23日付14面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 庁舎 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (13,983)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,351)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,165)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,612)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,373)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。