大樹を宇宙産業都市へ 「スペースコタン」設立

2021年04月26日 15時00分

 大樹町と北海道航空宇宙企画株式会社(HAP)は21日、札幌市内でロケット射場の運営管理会社「SPACE COTAN」の設立を発表した。社長兼CEOに就任した小田切義憲氏は「射場ビジネスだけに特化せず、宇宙港と宇宙産業を核とした、宇宙産業都市の拡大を図りたい」と展望を語った。

記念撮影に応じる小田切社長(右)と酒森町長

 民間宇宙港の北海道スペースポート(HOSPO)構想が実行フェーズに進むことから、管理運営を主業務とする新会社を設立。大樹町内に本社を置き、計画の実現に向けた認可手続き、射場の設計、完成後の管理運営、人工衛星の打ち上げ支援なども担う。大樹町のほか、川田工業(本社・帯広)、エアウォーター北海道(同・札幌)、帯広信金、インターステラテクノロジズなど道内6企業が出資する。

 社長兼CEOの小田切氏は全日本空輸(ANA)出身で、エアアジア・ジャパン社長などを歴任。小田切社長は「空港業界に例えると、当社は空港管理会社で、所属していたANAは航空会社。ユーザーの気持ちは理解できると自負しており、地域と一枚岩になって開発を進めたい」と意気込んだ。

 大樹町の酒森正人町長は「町の長年の夢がこれから本格稼働する。新会社や支えてくれた皆さまとのスタートを心強く思う」と話し、鈴木直道知事は「本道、アジアの宇宙ビジネス創出の拠点を目指し、今後もオール北海道で取り組みを」とコメントを寄せた。

(北海道建設新聞2021年4月23日付4面より)

 北海道建設新聞2021年4月22日付1面に関連記事が掲載されています。閲覧はe-kensinプラスの記事検索コーナー、またはe-kensinマップをご覧ください。


関連キーワード: 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。