手稲山口を掘削土受け入れ地に 生野新幹線推進室長が意向

2021年04月27日 14時00分

 札幌市まちづくり政策局の生野祐光新幹線推進室長は26日、北海道新幹線トンネル掘削土の受け入れに関し、手稲山口地区を「受け入れ地として事業を進めたい」との意向を示した。同日開かれた市議会総合交通政策調査特別委員会で明らかにした。候補地である山口処理場は環境局所管の市有地。土地の所管換えなどに伴う予算確保を今後検討する。

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構と市は、自然由来の重金属などを含む対策土の受け入れ候補地・手稲山口地区の第3山口処理場約21haに関し、二重シートで対策を封じ込める対策工法を地域住民らに提示。3月下旬に地域住民を対象とした説明会、4月には3回目となるオープンハウス(職員常駐型のパネル展)を開いた。

 特別委で生野室長は対策工法のほか、説明会やオープンハウスなどで出た意見を報告。その上で、手稲山口地区を受け入れ地として事業を推進したいとの意向を示した。

 機構などは6月にも対策工法に着工し、秋ごろから対策土を搬入するスケジュールを説明会で示している。その工程で進んだ場合について生野室長は「市内工区のトンネル掘削は工程管理上厳しい状況だが、同地区が受け入れ地になった場合、2030年度末の札幌延伸開業には影響がないと機構から聞いている」と説明した。

 特別委ではこのほか、道新幹線札樽トンネル要対策土の受け入れ候補地に関する陳情を継続審査とした。一方、受け入れ候補地から山口処理場の除外を求める陳情は不採択とすることを決めた。

(北海道建設新聞2021年4月271212面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,434)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,513)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,368)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,205)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。