雪冷熱を利用して冷房 ホワイトデータセンター構想始動

2021年04月28日 10時00分

 いよいよ美唄市内の空知団地で雪冷熱を活用したホワイトデータセンター(WDC)構想の事業化が本格的に動き出す―。

創業発表会で事業本格化に期待する
板東市長(左)と伊地知社長

 1日に設立したホワイトデータセンター(本社・美唄)は23日、美唄市役所で創業発表会を開いた。ホワイトデータセンター社長には、共同通信デジタル(本社・東京)の伊地知晋一専務が就任。東光電気工事(同)とピーエス三菱(同)、雪屋媚山商店(本社・美唄)が資本業務提携し、室蘭工大の媚山政良名誉教授が事業に協力する。

 雪冷熱エネルギーを利用するWDC構想は、美唄自然エネルギー研究会が2008年に提唱し、11年に共同通信デジタルが事業化について研究を開始。14年度には、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の開発事業で、共同通信デジタルや美唄市などが委託を受けて、5年間実証実験に取り組んできた。

 事業化で共同通信デジタルが分社化し、ホワイトデータセンターを設立。雪冷熱をデータセンターの冷房に使い、サーバーからの排熱と雪冷熱を空調利用して、農産物の栽培や陸上養殖などを実施。地産地消型の再生可能エネルギーの発電事業も計画している。

 コロナ禍によるテレワーク拡大や5G普及などに加え、CO排出ゼロのデータセンターは脱炭素社会の実現を目指す国の方針なども追い風となり、需要は一層高まりそうだ。

 この日の創業発表会で、伊地知社長は「美唄市にホワイトデータセンターの一大集積地を造るほか、サーバー排熱を利用した野菜栽培などを開始する。会社として利益を上げていかねば、持続もできない」と気を引き締める。

 板東知文市長は「市民はこの発表を心から待ち望んでいた。雪国の英知を結集した最先端のビジネスモデルに育てていただきたい」と期待を込めた。

(北海道建設新聞2021年4月27日付10面より)

 北海道建設新聞2021年04月21日付1面、同26日付2面に関連記事が掲載されています。閲覧は、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。


関連キーワード: データセンター 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。