MICE需要見極めでコンベンション市場動向調査

2021年05月10日 07時00分

札幌市がアフターコロナ見据え着手

 札幌市経済観光局は2021年度、アフターコロナのMICE需要を見極めるため、コンベンションの市場動向調査に着手する。再検討を表明した新MICE施設整備について、今後の整備方針などを考える基礎資料とする。今後の市場動向や需要を予測・分析し、市が目指すべき方向性の検討につなげる。

 コンベンションの主催者やキーパーソンらを対象とした調査を予定し、主催者が開催地に求めることやハイブリッド・オンライン開催のメリットとデメリットなどを探る。

 コンベンション参加者向けの調査も実施。参加方法やオンライン参加の満足度などニーズの把握に努める。これらの調査結果を踏まえ、市場動向や需要などの予測・分析のほか、市が目指すべき方向性を検討する。

 28日に公募型プロポーザルでコンベンションの市場動向等の調査検討業務を公告。予算規模は税込み1000万円で、履行期間は22年3月25日まで。プレゼンテーション審査などを経て、6月上旬にも契約候補者を選定する。

 市は1月、札幌パークホテルと一体的な整備を計画する新MICE施設に関し、アフターコロナの需要を見極めるため、ホテルを所有する民間事業者と、23年3月まで再検討期間を設けるとの覚書を交わしていた。

(北海道建設新聞2021年4月30日付16面より)

再開発マップへ


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,154)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,128)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。