札幌市内で東京五輪マラソンのテストイベント開催

2021年05月07日 14時00分

警備や交通規制を本番に反映

 8月に迫った東京五輪マラソン競技のテストイベントとなる北海道・札幌マラソンフェスティバル2021が札幌市内で5日に開催され、国内外のトップ選手が札幌の街を駆け抜けた。終了後に記者会見した東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の森泰夫大会運営局次長は「大きな事故の報告もなく無事に開催できた」とし、「これから詳細のリポートを集めて今後の課題と対策を詰める」と話した。

8月の本番を前にテストイベントで課題把握に努めた

 五輪のマラソンは、大通公園を発着地に市内中心部を変則的に3周する。テストイベントはコース前半を活用したハーフマラソンと、後半10㌔部分でレースをした。10㌔のマラソンには市民ランナーの参加を予定していたが、新型コロナウイルスが感染拡大していることからエリートランナーのみの参加となった。

 国外選手や東京五輪のマラソン競技日本代表選手ら94人が参加。競技役員約300人を含む警備、ボランティアら合計約2700人がイベントを支えた。

 終了後、世界陸連のセバスチャン・コー会長は「大会運営など今回視察したこと全てに満足している。全て質の高いものだった」と評価した。

 組織委の森次長は「さまざまなチェックができた。これから出る課題をつぶしていく。警備や交通規制は現場の細かい情報が重要になるので反映したい」と説明。観戦自粛を呼び掛けた沿道の観客に関しては「(観客が)大変少なかったと感じている」とした。

 また、同日の臨時記者会見で秋元克広札幌市長はテストイベントについて「感染対策についてもさまざまなシミュレーションを通して、テストできたという報告があった」と述べた。

 組織委ではテストイベントでの課題検証を進め、8月の本番に備える。

(北海道建設新聞2021年5月7日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,692)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,999)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,497)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,437)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,243)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。