新駅開業で新しいまちの顔づくり 当別町都市マス改訂版

2021年05月18日 15時00分

 当別町は、都市計画マスタープラン改訂版をまとめた。計画期間は2021年度から40年度まで。22年春開業のJR札沼線ロイズタウン駅関係では、駅前広場の整備や集客施設の設置・運営支援の検討を盛り込み、新しいまちの顔づくりを推進する。石狩当別駅と石狩太美駅周辺は、公共施設などの都市機能を誘導する区域と位置付け、生活拠点の形成を図る。

 計画では、町内を石狩当別駅や役場庁舎がある本町地域、石狩太美駅やスウェーデンヒルズ、北欧の風道の駅とうべつのほか、ロイズタウン駅ができる西部地域、当別ダムがあり農地や産地に囲まれた本町周辺田園地域の3地域に分類する。

 地域別の構想を見ると、本町地域の目標は「緑と川、歴史を活かした中心市街地の形成」。石狩当別駅周辺を役場庁舎などの公共施設、医療・福祉・子育て支援・商業施設などの都市機能誘導区域とした。多様化する住宅需要への対応として、町営住宅の建設推進、老朽化した住棟の廃止・集約検討、子育て世帯向け住宅の建設検討を盛り込んだ。

 西部地域は「大都市に隣接した豊かな居住環境の形成」を目指す。ロイズタウン駅開業で太美市街地、道の駅周辺がにぎわうよう官民連携で周辺の土地利用に取り組む。石狩太美駅周辺は都市機能誘導区域と位置付け、南北の一体性を高めるため歩行者向けの連絡道路整備を推進する。

 このほか、本町地域と同じく、町営住宅で建設推進や老朽化した住棟の住宅廃止・集約検討などに着手する。

 「農地と森林が調和した農村景観の形成」を目標に掲げた本町周辺田園地域は、学校跡地や神社などの周辺をコミュニティー空間と位置付け、施設内の緑地化、歩道整備などを施す。旧校舎、グラウンドは社会福祉法人や企業と連携して活用。地域の活性化を目指す。

(北海道建設新聞2021年5月17日付14面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,142)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,127)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,197)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,048)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。