サテライトオフィスで集客 ダイニチキャピタル&ホープ

2021年05月23日 10時00分

インバウンド需要消失受けホテルを用途変更

 不動産業のダイニチキャピタル&ホープ(本社・札幌)は、札幌市内に所有・管理するテナントビルを企業のサテライトオフィスとして集客を始めた。当初は宿泊施設として建てたが、コロナウイルス感染拡大によるインバウンド需要の消失を受けて方針を転換。集客はワーケーション情報サイトを運営する都内のベンチャー企業に委託する。

南館(左)は1棟を貸し出す

 貸し出すのは昨秋、札幌市中央区南2条西13丁目319の3にあるテナントビル「HOPEステージ南館」(RC造、5階、延べ395m²)だ。間取りは3タイプ全9室。市営地下鉄東西線西11丁目駅や市電中央区役所前停留所が徒歩圏にある。

 佐藤信也社長によると、ホテルとしての需要消失を受けて用途変更した。ビル1棟を貸し出し、料金は月110万円(税込み)程度だ。

 各室にキッチンやバス、トイレなどを備え、Wi―Fiを完備。デスクや椅子などの家具は無いため入居者が用意するが、要望に応じて同社がサポートする。スマートロックを採用し、暗証番号で鍵を開閉できる。

 また、隣接する同じ規模の「HOPEステージ北館」は、店舗や事務所として1室から貸し出している。料金は月10万―11万5000円ほどだ。

 リモートワークが普及するIT業界を主な利用者とみる。合宿所、通常のオフィス、福利厚生のリフレッシュ施設など多様な利用方法を想定している。

 南館は2019年設立のスタートアップMOLE(本社・東京)が集客を担い、問い合わせを含めて特設ページで受け付けている。同社はワーケーション情報サイトを運営。道内を含む全国の施設を紹介しているが、サテライトオフィスを扱うのは初めて。ニーズがあればニセコ町や美瑛町などにも展開したい考えだ。

(北海道建設新聞2021年5月20日付3面より)


関連キーワード: 不動産 働き方改革

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。