縄文遺跡群が世界遺産へ 道内は函館、伊達、洞爺湖、千歳 

2021年05月29日 10時00分

 文化庁は26日、北海道・北東北の縄文遺跡群が国際記念物遺跡会議(イコモス)から、世界遺産一覧表への「記載」が適当との勧告を受けたと発表した。これにより道内では、函館市の垣ノ島遺跡と大船遺跡、伊達市の北黄金貝塚、洞爺湖町の入江貝塚と高砂貝塚、千歳市のキウス周堤墓群が、7月にもユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった。

伊達市の史跡北黄金貝塚公園

 登録されると国内23の世界遺産の中で、道内からは初めての世界文化遺産となる。世界自然遺産は2005年に知床が登録となっている。

 北海道・北東北の縄文遺跡群は北海道、青森県、岩手県、秋田県の17の考古遺跡で構成される。約1万5000年前の採集、漁労、狩猟といった農耕以前の人類の生活、精神文化を示す重要な証しとして、関連自治体などが登録に向けた取り組みを進めてきた。

 今回の勧告を受け、鈴木直道知事は「7月に開催される世界遺産委員会で登録決定となるよう、関係市町などと緊密に連携し、全力で取り組む」とコメントした。

 工藤寿樹函館市長は「世界遺産にふさわしいと評価を受け喜ばしい。これまで10年以上にわたって支援、協力頂いた関係者に感謝する」との声を寄せた。

 菊谷秀吉伊達市長は「正式決定まで引き続き気を引き締め国や4道県、関係市町と連携したい」、真屋敏春洞爺湖町長も「勧告通り世界遺産へ登録されるよう、関係自治体が連携し万全の準備を整え、実現まで全力で取り組む」と決意を示した。

 山口幸太郎千歳市長は「登録に向け関係機関と連携すると同時に、キウス周堤墓群の価値と魅力を伝えていきたい」と述べた。

(北海道建設新聞2021年5月28日付4面より)


関連キーワード: 史跡

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,154)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,128)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。