山本忠信商店グループが利用 音更町旧昭和小の貸事務所

2021年06月03日 15時00分

 音更町は旧昭和小の貸事務所利用者を山本忠信商店(本社・音更)を代表とするグループに決定した。事業創出や地域食材PRの拠点として活用。小樽商大と同社の共同研究で起業家教育をする構想もある。7月から駐車場などを整備し、10月の利用開始を見込む。

 東和1線19[MAP↗]にある旧昭和小(RC造、2階、延べ1230m²)は1992年に完成。児童数減少により2019年度に閉校した。

 市街地に近く光回線が整っているため、町はテレワークスペースとしての活用を検討。4月に事業者を公募し、書類審査を経て山本忠信商店、山忠HD、とかちアークキッチンの3社から成るグループに決めた。

 起業家向け相談会や事業プラン発表の場、障害者が働く食品加工場、災害時の避難所として活用。小樽商大の学びの場とするほか、22年度に予定する帯広畜産大、北見工大との経営統合後の利用も見据える。

 7月から火災報知機移設と駐車場整備に着工。22年度はテレワークに使う教室の内部改修、多目的トイレ設置などを計画する。

 9日開会の第2回定例町議会へ上程する補正予算案に、21年度の工事費と22年度の改修に向けた設計費358万円を盛り込む。

(北海道建設新聞2021年6月2日付9面より)


関連キーワード: 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,164)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,132)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。