音更町の旭中央幹線と国見通が21年度内にも道道へ昇格

2021年06月04日 15時00分

長流枝スマートICに対応

 音更町の町道旭中央幹線6・04㌔と国見通1・51㌔が、2021年度内に道道へ昇格する見通しだ。道東自動車道の仮称・長流枝スマートIC設置によるアクセス向上や交通量の増加に対応する。昇格後はスマートIC新設による利用状況などを見ながら、整備が進められる。

 長流枝スマートICは道東道音更帯広IC―池田IC間に設置予定で、27年3月の完成を目指している。開通により十勝川温泉、とかち帯広空港までの移動時間短縮や家畜などの輸送効率化が期待される。

 スマートICからは新設する町道長流枝スマートインター線を通り、道道長流枝内木野停線に接続。そこから旭中央幹線を抜けると十勝川温泉や国道38号につながる。

 旭中央幹線は車道幅員6mの片側1車線道路。長流枝内木野停線は帯広建管が延長約1・5㌔の拡幅を検討していて、旭中央幹線との合流点から西側の3・83㌔は町道となる。

 国見通は道道帯広新得線、帯広浦幌線に挟まれた片側2車線で、車道幅員は18m。05年の上士幌士幌音更線道道昇格により町道へ降格した。帯広圏都市交通マスタープランによる帯広、幕別、音更、芽室の1市3町を結ぶ環状道路の形成が進む中、国見通は町道ながらルート上に位置する。整備を進めるため再び道道に昇格させる。これに伴い上士幌士幌音更線の1・6㌔は町道に降格する。

(北海道建設新聞2021年6月3日付11面より)


関連キーワード: 北海道庁 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (14,018)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,319)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,162)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,578)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,327)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。