本間純子 いつもの暮らし便

 アリエルプラン・インテリア設計室の本間純子代表によるコラム。

 本間さんは札幌を拠点に活動するインテリアコーディネーターで、カラーユニバーサルデザインに造詣の深い人物。インテリアの域にとどまらず、建物の外装や街並みなど幅広く取り上げます。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第2木曜日に掲載しています)

本間純子 いつもの暮らし便(9)意外に低い葉っぱの彩度

2021年06月11日 09時33分

 北海道にも緑が美しい季節がやってきました。長い冬が明け、地面や枝にともる芽吹きの緑は、待ちに待った色ですし、若い緑が成長していく風景は、心がワクワクします。

 この季節の植物を「緑がまぶしい」「緑が目にしみる」と言い表します。まぶしさを感じる緑色や、目にしみるほどの緑色は実際にどのような色なのか、葉を測ってみました。

 モミジやオンコ(イチイ)の若い葉は、黄みが強く、明度はやや高めで、彩度は7ほどです。黄緑の最高彩度は12。キラキラ輝いて見えるのですけれど、思いのほか低めの値でした。

 数年前、夏のナナカマド、オンコ、アジサイなどの身近な植物の葉を測色したことがありました。植物の種類によって色相は違いますが、どれも春より緑みが強くなり、色相が移動しています。彩度は、およそ5―6。この緑色の最高彩度は11―12なので、夏の葉も意外に渋い緑色でした。

 先日、イチョウの葉のマンセル値が、東京都景観色彩ガイドラインに載っているのを見つけました。緑のイチョウの葉は10GY5/6と表記されています。隣には、黄葉が進んだ黄色いイチョウの値5Y7/8も書かれていて、色相が黄緑から黄色に移っていく様子が数値からもわかります。

 気になる彩度ですが、黄緑は他の葉とほぼ同様の6、黄色の葉は8です。黄色の最高彩度14に比較するとかなり低めの印象でした。イチョウは道内でも街路や公園などでよく見かけます。秋になると黄金色に輝き、インスタ映えすることもあって、とても人気があります。

 春も秋も葉の表面の光の反射や、葉を透過する光の作用が、私たちにまぶしさを感じさせ、その強さが「しみる」感覚につながるようです。植物の葉はどの季節も、イメージ以上に、落ち着いた色を持っているのですが…。

 コーナー1回目で「目立つ色を木や草花に譲ってもいいのでは?」と書きました。咲いている期間が比較的短い花の色は別にして、花木の葉の彩度6―8の値は、外壁色の目安の一つになりそうです。

 2004年に景観法が策定され、全国で景観に関するルールや基準が定められるようになりました。各地の景観色を見ると、色相ごとに明度と彩度の目安があり、私が知る限り、彩度は6を超えることがありません。まるで葉の緑色の彩度「6」と呼応しているような数字です。

 札幌の景観色は、れんがをイメージする赤のグループが彩度8、グリーン系のグループが彩度6、その他は彩度5以下の静かなトーンであることが、限界色票から読み取れます。大きな建物だけでなく、戸建て住宅でも実力を発揮し、植物との相性がよい色がそろっています。手前みそではありますが「だいたい・札幌の景観色」を使うと、選定する色の範囲が広がります。

 北海道で植物の色の変化を楽しめるのは、1年の半分ほど。若い緑から深い緑へ、そして紅葉まで、花木の美しさを感じていたいものです。外壁の色は「彩度6」を超えないことが、植物への礼儀かもしれません。

(北海道建設新聞2021年6月10日付3面より)


本間純子 いつもの暮らし便 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。