南北線さっぽろ駅ホーム改良土木 実施設計を公告へ

2021年06月17日 10時00分

ホーム増設、エレベーター整備で混雑緩和 22年度着工目指す

 札幌市交通局は、市営地下鉄南北線さっぽろ駅[MAP↗]ホーム改良に伴う土木の実施設計を18日にも一般競争公告する。ホーム増設とエレベーターの整備などによりバリアフリー化と混雑緩和を図る考えで、7月5日の開札を予定。2022年度の着工、27年度の供用開始を目指している。

 ホーム改良に向けては、20年度の予備設計を踏まえ、換気機械室の設置が必要になったことから、地下埋設物の処理を含む土木工事を先行して進める。現行ホーム東側の壁を解体し、新たに同規模の真駒内方面専用ホームを増設。現行ホームを麻生方面専用とする。合わせてエスカレーターやエレベーターなどの整備も計画。移動の円滑化と利便性向上を図る。

 総事業費約110億円で、うち工事費に約106億円、土木の実施設計に約2億5100万円、建築・設備の実施設計に約1億円を見込む。

 21年度は土木の実施設計で工法やスケジュールなどを固める。対象は単体の土木設計・監理業のA等級を想定。地下鉄構造物の新設と改良、改修での実施設計の実績などを求める。

 22年度以降に建築と設備の実施設計を発注する考えだ。

 現在の南北線さっぽろ駅は、1日の平均乗車人員が5万人を超える混雑が常態化。北側の階段にエスカレーターが設置されていないことから、大きな荷物を抱えた旅行者や高齢者は南側に1基しかないエレベーターを利用せざるを得ない状況だ。

 一方で、駅周辺では再開発事業が複数計画されている。さらに30年度の北海道新幹線札幌延伸、冬季五輪・パラリンピック招致などに向け、混雑緩和のための整備の必要性が高まっている。

(北海道建設新聞2021年6月16日付12面より)

関連記事

地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設(2019年10月12日)


関連キーワード: さっぽろ圏 地下鉄

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

法人限定資料請求特典朝食無料キャンペーン(2021年10月1日~2022年3月31日)
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,758)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,590)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,595)
東改札口の整備に23億円を試算 道新幹線札幌駅...
2021年10月05日 (2,341)
夕張市が本庁舎改築に苦慮 財政立て直しで議論進まず...
2021年09月27日 (2,116)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第217回は「解除後の宴会」。ワクチン接種と感染症対策をしっかりしましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第13回「段鼻と踏み板の好ましい配色」。色彩の力で階段事故を防ぐのは、難しいことではありません。

連載 KIECEの台頭
ネクスト札幌の
成長地帯[キース]

札幌周辺5市の、近年の成長ぶりと潜在力を検証する。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第12回「マーケティングの観点」競合商品やサービスの研究や、既存との差別化が必要です。