熟練大工不足に対処 ハタダが自動型枠加工機を導入

2021年06月20日 10時00分

時間短縮や省人化、生産力アップ期待

 熟練の型枠大工職人の減少や高齢化の課題を解消し、ピンチをチャンスに―。

 リフォームや新築住宅、高層建築物の型枠工事などを手掛けるハタダ(本社・滝川)は、コンピューターによる自動型枠加工機を導入した。コンピューターとライン化で型枠の加工作業のほとんどを自動化したシステム。熟練の技術が必要な階段の型枠も製作でき、短時間に広範囲の現場に対応する型枠製作が可能だ。芳賀美津男社長は「時間短縮や省力化、生産力の大幅アップにもつながる」と期待を寄せている。

自動型枠加工機について説明する芳賀社長

 型枠は従来、型枠大工が図面を基に手作業で製作してきたが、熟練の型枠大工が不足する中、自動型枠加工機の導入に踏み切った。敷地内に廃材を利用した工場(S造、平屋、延べ360m²)を建設。省力機械や産業用機械の新生機械(本社・広島県廿日市)に依頼して機械を導入し、4月から稼働している。既に、滝川市立高等看護学院改築や雨竜町の処理場などの型枠製作に活用している。

 自動型枠加工機は、事前にパソコンで入力した図面に合わせて型枠を製作。くぎ打ちや穴開け、裁断など6工程のユニットで構成し、全て自動ライン化しているので、面倒な移動作業も必要ない。裁断は自由に角度を設定できるため、階段や勾配のある土木用の型枠にも対応できるのが特長だ。

 以前は8人だった工程を3人でこなすことができる上、製作スピードは2・5倍の速さ。同社の型枠大工で職人歴27年の松井裕之さんも「もう少し慣れてくれば、もっと作業効率が上がるはず」と目を見張る。

 芳賀社長は、自動型枠加工機の導入で「未経験者も女性も作業に携わることができ、人材不足の解消や労働環境の改善を図ることができる」と期待を寄せる。さらに「生産量がアップすれば、自社だけでなく、他社の型枠製作にも協力していきたい」と話している。(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年6月17日付10面より)


関連キーワード: 人材確保 企業 働き方改革

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,988)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,046)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,640)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,432)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,295)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。