外資による道内森林取得は12件、53ha

2021年06月21日 12時00分

 道水産林務部は、海外の法人・個人による道内の森林取得状況をまとめた。2020年1―12月に道内で確認したのは12件で、合計面積は53haだった。19年に比べると23件、146ha減少した。国際的なリゾート地のニセコとその周辺地域は9件、22haの取得があった。

 道は、海外資本による道内の森林取得状況を集計し、毎年公表している。20年の取得状況は、居住地が海外にある法人・個人による8件、20haが全て後志管内。国内の外資系企業によるものが4件、33haだった。

 取得者を国別で見ると、シンガポール、英領バージン諸島、カナダが各3件で最多。香港、マレーシア、タイが各1件となる。利用目的は資産保有や住宅・別荘建設、鉱物資源の調査など。

 市町村別で件数が最も多いのは国際的にリゾート地として有名なニセコと周辺地域。後志管内では9件、22haの取得がある一方、前年と比べて件数は17件、61ha減少した。森林計画課の担当者は「新型コロナウイルス感染症の影響で外国人が入国制限により、北海道に来ることができなかったため減少したのでは」と分析する。

 後志管内の市町村別の取得では、ニセコ町内が3件で3・7ha。同管内では同町のほか蘭越町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、赤井川村で取得があった。これで20年12月末時点の累計は233件、3085haとなっている。

(北海道建設新聞2021年6月18日付1面より)

この記事を英語で読む/Read this article in English

Forest Acquisition by Foreign Capital in Hokkaido in 2020: Total of 53 ha, 12 Cases


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,691)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,973)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,492)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,428)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,242)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。