開発局が70周年特設HP開設 動画コンテストの募集も

2021年06月29日 10時00分

本道の歴史を総合開発事業の視点から学べるサイトを開設する
(開発局提供)

 北海道開発局はことし7月で開局70周年を迎えることから、北海道開発のあゆみをたどる特設ホームページを同局ホームページ内に30日、開設する。これまで実施してきた施策、事業を紹介する「開発局70年史」、開拓時代を含めた本道の開発事業エピソードを取りまとめた「北海道開発のあゆみ」をメインコンテンツとする。また、北海道の魅力やインフラを紹介する動画コンテストの作品募集を7月1日から始める。

 開発局の70年史は全編で4章構成。本道の総合開発行政のあゆみ、開発事業の推進、開発を支えた技術と資料編に分かれ、治水、道路など各事業の歴史や変遷、事業展開の流れなどが学べる内容となっている。

 北海道開発のあゆみは、序章から4章までのつくり。序章―2章では、明治期から大正期に活躍した廣井勇、岡崎文吉両氏の軌跡や札幌本道の建設を紹介。戦前、戦後の本道の治水事業などを経て、開発庁・開発局発足までの流れを追う。3章からは、時代の要請に応じた各事業のエピソードを多数掲載する。

 また、開局70周年をきっかけに「撮ってもいいね! 北海道動画コンテスト」を開催する。主催は開発局、NPO法人ほっかいどう学推進フォーラムなどで構成する実行委員会。

 作品テーマは「北海道の魅力」や、これを支える「インフラのちから」。一般、学生、なつかし映像の各部門に分かれ、最優秀賞には賞金10万円を授与する。

 作品の募集締め切りは2022年1月31日まで。表彰式は同年3月に実施する。詳細は30日に併せて公開する同コンテストウェブサイトで。

(北海道建設新聞2021年6月28日付1面より)


関連キーワード: 国交省 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,992)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,074)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,642)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,435)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,296)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。