シーニックバイウェイが予約制駐車スペースを設置

2021年07月06日 15時00分

収益は美化活動に利用

 釧路開建の道路協力団体である釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイは、21日から道の駅「摩周温泉」の駐車場で一部を予約制駐車スペースとして運用を開始する。利用料金は1500円で、収益は清掃といった美化活動などに利用する。

 道の駅摩周温泉では夏季繁忙期に、宿泊を目的とした駐車や昼間の長時間駐車のため第1、2駐車場が混雑し、休憩を目的とした一般車両が駐車できない状況だ。一方で無料臨時駐車場は比較的空いている。

 予約制駐車スペースを設けることで利用方法の明確化を図る。また、24時間トイレと無料臨時駐車場間に誘導灯を設置し利用を促進。多様なニーズに応え、より多くの利用者が駐車できるようにする。

 ことしで3年目の取り組み。以前はお盆期間に実施したが、今回から21日―9月27日と期間を延長。駐車スペースは3台で電気設備を完備していて、キャンピングカーでの利用も可能。混雑時でも出入庫できる。さらに道の駅でごみ袋を販売し、ごみの受け入れも開始する。

 予約ページはウェブサイト「タイムズのB」で摩周温泉を検索するか、案内チラシのQRコードからアクセスできる。予約日の13日前から申し込める。

 問い合わせは電子メール(inrury@btimes.jp)まで。

(北海道建設新聞2021年7月5日付11面より)


関連キーワード: 景観 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,135)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,104)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,701)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,465)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。