JRイン帯広をサ高住に業態転換 JR北海道

2021年07月16日 15時00分

冬季に改装 22年秋開業

 JR北海道の島田修社長は14日の記者会見で、帯広駅前のビジネスホテル「JRイン帯広」をサービス付き高齢者向け住宅に業態転換すると発表した。11月30日にホテル営業を終えて冬季に改装工事に入り、2022年秋に入居を始める。建物が築21年を経過し、大規模改修を検討する中、「アフターコロナを見据え、ホテル継続の場合と収支見込みを比べた結果、サ高住への転換を決定した」(島田社長)。

 同ホテルは2000年1月開業の旧「ホテルヒーロー」をJRが買収・改装して11年6月にJRインとして開業した。サ高住は仮称「ブランJR帯広駅前」。JRは12年春以来、札幌と小樽で同シリーズの施設を5棟展開している。いずれもミサワホーム北海道が賃借して運営し、帯広でも同じ形式を取る。改装工事の設計施工もミサワホーム北海道が手掛ける。

 ホテルは共同浴場や食堂などを備えるため、サ高住への転換が比較的容易という。建物はRC造9階建てで延べ4305m²。複数の客室をつなげて1戸に造り替えるなどの改装を施し、現在の137室を49戸にする。内訳は1ルーム21戸、1LDK14戸、2LDK14戸。

 駅前でバスターミナルや病院、商業施設などが徒歩圏にある好立地を生かし、入居者を獲得する。事業費は約7億5000万円で、うち1億円弱についてサ高住整備事業の補助金を申請する予定だ。

(北海道建設新聞2021年7月15日付2面より)


関連キーワード: JR北海道 サ高住 ホテル 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,552)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (2,284)
道新幹線札幌延伸都心部 明かり部に今秋着工...
2021年07月21日 (2,095)
道横断道網走線足寄―陸別間31kmが事業再開へ...
2021年07月02日 (1,615)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,454)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第212回は「降圧薬と熱中症」。降圧利尿薬の場合、脱水リスクが高くなります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第10回「キッチンとコンパクトなバルコニー」。ごみの保管場所など、暮らしの導線を考えることもインテリアの基本です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。