工事伐採木活用しアート 柿本拓哉写真展

2021年07月20日 15時00分

インフラ整備の裏で果てる命に光

 工事のために伐採した木を活用したアート展示「柿本拓哉写真展」が、札幌市中央区のギャラリーNOTHING(RITARU COFFEE内)で開かれている。インフラ整備の裏で果てる命に光を当てている。

真っ白な空間に配された写真群

 きっかけは、北大札幌研究林内の橋の撤去だ。昨年、老朽化を理由に札幌冬季五輪時に建設した橋の取り壊しを決定。それに伴って道路を新設することになり、74本の木が伐採された。

 北大科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)特任講師でアーティストの朴炫貞(パク・ヒョンジョン)氏は、廃木を活用した作品展示を目指し、伐採前にバイオアートプロジェクト「アノオンシツ」を発足。昨年9月、切り倒す前の木々をピンクのナイロン糸で結ぶなど、現場をアート作品にした。今回の写真展は同プロジェクトと連携している。

 テーマは「翳(かげ)」で、倒されたニセアカシアやイチイなどを暗がりの中で撮影した。チェーンソーの傷跡が残る木目や、皮のめくれ上がった切り株などを壁一面に配し、夜の森にいるような静けさを表現した。

 写真家の柿本氏は、どれも道内に多い木々のため、さまざまな地域で応用可能なイベントとし、「普段見えにくいものをあえて見ることで、何かを感じてもらえれば」と話す。

 木の展示は20日まで、ポートレートの展示は21日から8月1日まで。

(北海道建設新聞2021年7月19日付14面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。