米国の材木先物暴落 2カ月強で7割減

2021年07月21日 09時00分

18年半ば水準に ウッドショックへの影響は不透明

 木材価格の国際的な急騰「ウッドショック」の震源地とされる米国で、一転して価格暴落が起きている。ナスダック先物市場では5月に史上最高値を付けてから2カ月強で約7割下落。直近は2018年半ばの水準で推移している。長引くコロナ禍で住宅建築ブームが高まったものの、資材コストの上がり過ぎで需要が陰り、これまで流入した投機マネーが離れている可能性がある。

 16日の材木取引終値は2・36m³当たり536・4㌦。5月10日の取引時間中に1年前の4倍強に当たる1733・5㌦を記録したが、その後じわじわと値を下げ、6月半ばに終値が1000㌦を割った。先週は755㌦で取引が始まり、週末までに3割近く下落した。

 商品先物は今後の相場上昇・下落の見込み次第で取引価格が大きく動き、投機マネーが多く参入する。相場高騰の背景にあったのは米国の住宅着工増加だが、5月の着工数が市場予想を下回ったこと、住宅ローンの申請件数が減少傾向にあることなどから先高観が薄まった模様だ。

 ただ材木の先物はここ数十年200―400㌦台で安定している時期が長く、今の500㌦台でも依然水準は高い。米商務省は日本時間20日夜に6月の住宅着工件数などを発表する予定で、この結果次第ではさらに価格が下がる可能性もある。今後の値動き、またそれが日本国内の「ウッドショック」にどう影響するか、不透明な情勢が続いている。

(北海道建設新聞2021年7月20日付2面より)


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (14,064)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (7,482)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,956)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,524)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,186)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。