米国の材木先物暴落 2カ月強で7割減

2021年07月21日 09時00分

18年半ば水準に ウッドショックへの影響は不透明

 木材価格の国際的な急騰「ウッドショック」の震源地とされる米国で、一転して価格暴落が起きている。ナスダック先物市場では5月に史上最高値を付けてから2カ月強で約7割下落。直近は2018年半ばの水準で推移している。長引くコロナ禍で住宅建築ブームが高まったものの、資材コストの上がり過ぎで需要が陰り、これまで流入した投機マネーが離れている可能性がある。

 16日の材木取引終値は2・36m³当たり536・4㌦。5月10日の取引時間中に1年前の4倍強に当たる1733・5㌦を記録したが、その後じわじわと値を下げ、6月半ばに終値が1000㌦を割った。先週は755㌦で取引が始まり、週末までに3割近く下落した。

 商品先物は今後の相場上昇・下落の見込み次第で取引価格が大きく動き、投機マネーが多く参入する。相場高騰の背景にあったのは米国の住宅着工増加だが、5月の着工数が市場予想を下回ったこと、住宅ローンの申請件数が減少傾向にあることなどから先高観が薄まった模様だ。

 ただ材木の先物はここ数十年200―400㌦台で安定している時期が長く、今の500㌦台でも依然水準は高い。米商務省は日本時間20日夜に6月の住宅着工件数などを発表する予定で、この結果次第ではさらに価格が下がる可能性もある。今後の値動き、またそれが日本国内の「ウッドショック」にどう影響するか、不透明な情勢が続いている。

(北海道建設新聞2021年7月20日付2面より)


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,692)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,999)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,497)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,437)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,243)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。