敷地1万m²以上を検討 清水町の体育館移転新築

2021年07月26日 15時00分

 清水町は、2023年度の着工を目指す体育館移転新築の建設地について、敷地面積が1万―1万5000m²となる場所で絞り込む考えだ。浸水想定区域外で、正方形に近い土地が望ましいとしている。年度内で進める基本設計の中で建設地を固める方針だ。

 新施設は、延べ3500m²を想定し、総事業費は20億円を試算。清水第4線59にある現施設に隣接した、柔道場の機能を持たせることを検討している。駐車場は3500m²ある現施設と同程度を確保したい考えだ。基本設計は岡田設計が進めている。

 敷地は正方形に近い所を探していて、来館者の車列が交通の妨げにならないよう、国道沿いなど交通量の多い場所は避ける方針。災害時の避難所に位置付けるため浸水想定区域を除外するが、市街地の南部を横断するペケレベツ川と、道道北清水清水線に挟まれたエリアのほとんどが指定されている。

 22年度に実施設計を進め、23―24年度の2カ年で施工する予定。既存施設は解体し、跡地は清水公園の再整備で活用することを検討している。

(北海道建設新聞2021年7月21日付9面より)


関連キーワード: スポーツ施設 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,595)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,701)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,311)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,216)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,131)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。