会社探訪記

 地域に根差した企業を不定期で紹介します。

会社探訪記 よねざわ工業 街や住宅の魅力引き出す

2021年08月03日 12時00分

コロナ禍でBCP意識高まる

 よねざわ工業(本社・恵庭)は、コンクリートブロックの開発から製造販売、外構や住宅の設計・施工までを手掛ける会社。3月に社長交代があり、米沢悟さんが父の稔さんから引き継ぎ3代目に就いた。「当社の製品は主役ではない。しかし街の景観を整えて顧客の心安らぐ空間を提供するほか、街や住宅そのものの魅力をより引き出す製品でありたい」と話している。

 1952年、樽前アッシュブロック企業組合として創業。その後、樽前ブロックに社名が変わり、75年に恵庭ブロックと合併し「株式会社よねざわ工業」を設立。創業メンバーの祖父・勝義さんが初代社長に就いた。

 北海道トップレベルの商品ラインアップと自社物流網を強みとする。恵庭市戸磯と島松沢に広大な工場を持ち、外構で使うブロック塀やガーデニング用の土留め、舗装のインターロッキングブロックを製造する。運輸会社の樽前工業をグループに持ち、自社物流網を中心とした配送ネットワークで道内をカバーする。

創業100年に向けて意欲を示す米沢社長

 米沢悟さんは78年8月生まれ、千歳市出身。酪農学園大を卒業後、2006年によねざわ工業に入社した。取締役に就いた07年ころ、父の稔さんから事業承継の意思を聞かれ、「やってみたい」と答えてから、経営に対する勉強の毎日だった。11年に小樽商大大学院のMBA(経営学修士)を取得し、時を同じくして常務取締役に就く。

 20年の副社長就任は1年後の社長交代に向けた前哨戦で、いわば経営者になるための最終段階だった。「コロナ禍は計画通りにいかない。だからこそ計画と実績とのギャップの原因がはっきりと分かる」と考え、〝位置を知る〟という経営スローガンのもと、次世代を担う中堅や若手社員と共に中期経営計画を策定した。人、製品、財務、情報、ブランドの5視点から構成され、21年度から実行されている。

 BCP(事業継続計画)を重要視する。「BCPは一気に実現できず、事業承継の過程と重なる部分がある」と悟さん。3年前から問題点を一つずつ洗い出し、計画的に実行。19年は経済産業省の事業継続力強化計画企業に認定された。もともとは大地震など自然災害への備えから体制を整えたが、20年の新型コロナウイルスによって意識は一層高まった。

 「コロナ禍のBCPは社員と家族の健康・命はもちろんだが、感染リスク管理と社会的責任のバランスが重要。うちは原料調達からアフターフォローまで一貫しているのが強みだが、材料比率にしたら0.1%程度の原材料がコロナ禍の輸入難から手に入らず、重要事業のブロックを製造できない窮地に追い込まれた」と。会社の存続が危ぶまれる出来事で、代替の調達先をつくらなければと実感した。

 大切にしている言葉は「育根達枝(いくこんたっし)」。立派な樹木を育てるには根が太く良く育つことが重要で、地味ながら愚直に育成し続けないと、枝や葉に栄養が行き渡らず、美しい花や大きな実はできないという考え。自社は樹齢68年の成木で、創業100年に向け北海道にしっかり根付く大樹になりたいと考えている。

 スキルの高い全従業員60人余りへの尊敬の念を忘れない。「心強い経験豊富な従業員に加え、若い従業員が少しずつ増え、みんなが活発に意見を言える環境になってきた。社員みんなで共に踏み出したい」と力を込める。

経験豊富な従業員に加え、若い従業員が少しずつ増え、より活発な職場になってきた

(北海道建設新聞2021年8月2日付3面より)


会社探訪記 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。