アイヌ文化を発信 五輪マラソン・競歩に合わせ舞踊披露

2021年08月06日 14時00分

テレビ塔前でパフォーマンス

プログラムは道内各地の伝統的なアイヌの15の踊りで構成する

 国や道、札幌市などは5日、東京五輪マラソン・競歩競技の札幌開催に合わせアイヌ民族舞踊パフォーマンスをし、映像を通してアイヌ文化を国内外に発信した。

 東京2020オリンピック競技大会公認プログラム。内閣官房や国土交通省、文化庁、道、札幌市、公益財団法人アイヌ民族文化財団が主催した。

 競歩の競技開催前に、さっぽろテレビ塔前の広場でオープニングイベントを開いた。加藤勝信内閣官房長官がビデオメッセージを送ったほか、鈴木直道知事は「素晴らしい舞踊を通じてアイヌ文化の魅力が世界に届くことを期待している」と述べた。

 秋元克広札幌市長は「相互に人格と個性を尊重しながら、共生社会の実現に向けて世界が前に進むことを願っている」と呼び掛けた。

 その後、陸上男子の20㌔競歩競技開始前に約80人によるアイヌ舞踊パフォーマンスを実施。道内各地の伝統的なアイヌの15の踊りで構成したプログラムで、老若男女が踊りを披露した。パフォーマンスは映像を通して全世界に発信した。

 アイヌ舞踊は、マラソン・競歩競技が札幌開催される5―8日の期間、競技前に披露される予定だ。

(北海道建設新聞2021年8月6日付14面より)


関連キーワード: アイヌ文化 五輪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,992)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,074)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,642)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,435)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,296)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。