21年9月以降13棟着工予定 札幌市内の分譲マンション

2021年08月17日 10時00分

物件コンパクト化など 設備投資に変化

 札幌市内で2021年9月以降に着工を予定する分譲マンション(再開発を除く)は、13棟約700戸に上っている。デベロッパーが新築を検討中の土地も4件控えていて、コロナ禍でホテル開発投資などが冷え込む中、道内の大型建築需要を下支えする。一方、土地取得競争の激化に加え、物件のコンパクト化などで投資環境は変化を見せ始めた。

 計画が明らかになっている年内着工分は、9棟436戸。全て9月に着工する予定だ。

 昨年の長谷工不動産(本社・東京)、一建設(同)に続き、札幌市内初進出となる日本エスコン(同)は東区北24条東17丁目に計画。2人世帯を含むファミリー層をターゲットとする。

 相次ぐ本州事業者の参入を受け、ある道内デベロッパーの担当者は「土地取得競争が強まっている」と指摘する。各事業者が狙う土地は地下鉄駅の徒歩圏だ。

 一般的な土地探しに加え、地下鉄東西線円山公園駅周辺では、より良い場所で開発するため、老朽分譲マンションの所有権をまとめて建て替える動きも出ている。

 物件の仕様も変化。鉄鋼、生コン、土地、人件費などあらゆるコストが上昇していることから「2LDKを設けるなど、戸当たりの面積を小さくしなければ採算が合わない」との声もある。

 ある本州デベロッパーの担当者は「東京では1―2LDKを中心としたコンパクトな物件も多く、需要があった」と話すが、「札幌市内では面積の狭い部屋のニーズは弱い」とみる。別のデベロッパーは、物件の矮小(わいしょう)化に合わせ、価格とターゲットの絞り込み、自社の強みをさらに生かす展開を重要視しているという。

 事業者の勢力図や物件の仕様など取り巻く環境は変化しつつあり、各社がどう展開するか注目される。

(北海道建設新聞2021年8月12日付2面より)

 北海道建設新聞2021年8月12日付2面には、13棟それぞれの事業者、建設地、戸数、規模、工期をまとめた表を掲載しています。閲覧は新聞本紙をご覧ください。


関連キーワード: さっぽろ圏 分譲マンション

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,100)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,299)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,832)
山側など3ルート検討 229号乙部町館浦岩盤崩壊本...
2021年09月13日 (1,296)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,035)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第215回は「炭酸好き」。のど越しが渇きを癒やし、爽快な気分にしてくれます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第12回「トイレドアと表示錠」。製造メーカーには、どの人にも伝わる色選びを心がけてほしいですね。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第11回「休業要請と従業員」休業手当があっても退職する人も。働く場所が提供するのはお金だけではありません。