道内35市の21年6月新設住宅着工戸数は2819戸

2021年08月18日 10時00分

4カ月連続増、持ち家けん引

 道内35市の2021年6月新設住宅着工戸数は2819戸で、前年同月を5.9%上回った。4カ月連続の増加で、分譲住宅が2月以来の減少になったものの、引き続き好調な持ち家に支えられた。1月からの累計は1万3717戸で、前年同期より12.6%伸びている。

 6月の利用関係別内訳は、持ち家が25.2%増の1093戸、貸家が5.3%減の1261戸、給与住宅が21・3倍の64戸、分譲住宅が11.5%減の401戸。持ち家は3カ月連続で前年同月を上回った。

 着工戸数が最も多い札幌は12%減の1392戸。持ち家が24.8%伸びたが、貸家と分譲住宅は2割以上減少した。旭川は貸家が2倍近く増えたことから、全体で55.3%増の205戸となった。函館は53.8%増の140戸で、帯広と苫小牧も前年同月を上回って130戸台。小樽は7・3倍の110戸が着工した。

 町村部の合計は2%減の483戸。利用関係別では、持ち家が15.7%減の231戸、貸家が19.1%増の237戸、給与住宅が60%減の6戸、分譲住宅が80%増の9戸だった。

 1月からの累計では20市が前年同期を上回っている。札幌は15.5%増の7907戸で、旭川は21.5%増の926戸、函館は7.7%増の598戸まで積み上げた。帯広と千歳も前年同期を下回っているが500戸台に乗せている。一方、町村部は1925戸で6.5%減少している。

(北海道建設新聞2021年8月17日付1面より)

 北海道建設新聞2021年8月17日付1面には、35市それぞれの6月着工と1月からの累計についてまとめた表を掲載しています。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスをご覧ください。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,691)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,973)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,492)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,428)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,242)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。