本間純子 いつもの暮らし便

 アリエルプラン・インテリア設計室の本間純子代表によるコラム。

 本間さんは札幌を拠点に活動するインテリアコーディネーターで、カラーユニバーサルデザインに造詣の深い人物。インテリアの域にとどまらず、建物の外装や街並みなど幅広く取り上げます。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第2木曜日に掲載しています)

本間純子 いつもの暮らし便(11)透明なごみステーション

2021年08月18日 09時00分

 その日は午前9時に工事が始まるので、早めに車を出しました。出勤時間帯にあたり、道路が混雑すると予想したのですが、コロナ禍の在宅勤務が定着しているのか道はゆるゆるで、予定よりかなり早く到着してしまいました。

 現場から少し離れたところに車を止め、ぼんやり対向車線側の歩道を眺めていると、黒っぽい箱のようなものが見えます。スマートフォンで撮影し拡大すると、中に黄色いものが入っています。黒っぽい箱の正体はごみかごでした。打ち合わせで何度も出向き、前を通っていたにもかかわらず、私はこのごみステーションの存在に全く気付いていなかったのです。

 時間に余裕があったので、コンビニコーヒーの調達を兼ねて周辺をぐるっと一回り。この町内のごみステーションは、黒い折り畳み式のごみかごが設置されています。この日は燃やせるごみの日だったようで、札幌市指定の黄色いごみ袋が入っていました。

 違う時間帯に通ると、ごみかごは畳まれて、塀に立て掛けてありました。黒いかごは仕事中はしっかりごみ袋を抱え、役目を終えると静かに次の出番を待っています。

 ちなみに、私が住む地域のごみかごは市指定のごみ袋と同色の黄色で、仕事中も終了後も「私ここにいます」と主張しています。近くの町内では緑色のかごを使っているところもあります。周囲の草を意識した選定かもしれませんが、かごの緑は草の緑より鮮やかです。秋の終わりから春先までの存在感はなかなかです。私がそのかごを使うことはありませんが、場所はしっかり把握しています。

 ごみステーションは決まった人しか使いませんし、収集してくれる人たちがここを見落とすことはありません。ごみステーションの場所を示す印として、ごみかごを目立たせる必要はあるでしょうか。

 街並みは建物だけでなく、交通標識、屋外広告物、サイン、バス停、街路灯などが、必要な場所に配置されています。その色彩は目立つべきものから、風景になじむものまでさまざまです。

 交通標識は安全を確保するため、はっきり分かるように高彩度の色が使われています。一方、街路灯はどうでしょう。街路灯の役割は夜間の明るさを確保し、歩行者や車の安全を守ることです。極論を言えば、明るくなるのであれば、柱の部分は「見えなくてもよい」のかもしれません。でも、柱が無くては光源は取り付けられませんし、電気を通すこともできません。

 この「見えなくてもよい」ものは無色透明が理想ですが不可能なので、できるだけ風景になじむような色彩が求められます。

 さて、ごみステーションは目立った方がいいのか、それとも風景になじんだ方がいいのか-。実は風景になじむ色のかごの方が、中に入っている物の存在がよく分かります。かごが働いている時はごみが入っていることを主張し、待機している時は街並みに溶け込んでいてほしいと考えますが、いかがでしょう。

(北海道建設新聞2021年8月12日付3面より)


本間純子 いつもの暮らし便 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,363)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (12,254)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,356)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,293)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,157)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。