図書館活用し留萌の街中に回遊性を 北大の小篠准教授

2021年08月20日 15時00分

公共施設整備検討会議で助言

 留萌市の公共施設整備検討会議でアドバイザーを務める北大大学院工学研究院の小篠隆生准教授は、12日の第2回会議で、まちづくりに果たす図書機能の重要性を説いた。街中に回遊性を生み出す図書の活用方法や、図書を通じた新たなコミュニティーなどを紹介し、同市の将来像の一つとして助言した。

まちなかのにぎわい再生の一つとして、小篠准教授が図書を通じたコミュニティーについて解説した

 同会議は、市職員や民間団体、市民ら20人で構成する。市文化センターなど社会教育施設の立地を巡り、JR留萌駅周辺地区への誘導を前提に議論していて、2022年2月にも内容を市に提出し、基本構想に反映させることを目的としている。

 この日は、街中のにぎわい再生や新しい公共施設に必要な役割をテーマに、委員らが4班に分かれてワークショップ形式で議論し意見を発表した。

 委員からは、自由に訪れることができるフリースペースの設置や、図書館の有効利用など、さまざまな意見が出た。

 小篠氏は図書館の活用に共感し「人と人が触れ合うときに脇役として本が効果を生み出す」を提唱。実例として長野県の小布施町などで展開している「まちじゅう図書館」を紹介した。

 まちじゅう図書館は、飲食店や商店などに本棚を設け、店主らが所有する図書を置き、訪れた人と図書の魅力について会話するなど、新たなコミュニケーションを生む。小篠氏は「中央図書館などで各施設にどういった本が置いてあるか分かるため、図書をベースとした回遊が生まれる」と説いた。

 この他の自治体では、駅の中に本棚があると紹介。自由に持ち出すことが可能だが、返却する際に図書を1冊寄贈する仕組みで「本が間接的なコミュニケーションを生んでいる」と、新たな人の流れを生む方法として紹介した。(留萌)

(北海道建設新聞2021年8月19日付10面より)


関連キーワード: まちづくり 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,764)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,633)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,329)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,009)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,919)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。