札幌市の20年度開発行為許可 総面積が過去10年で最小に

2021年08月27日 10時00分

 札幌市の2020年度開発行為の許可実績がまとまった。件数は前年度比3件増の20件、総面積は28.8%減の17万886m²。面積を見ると自己用は3・6倍に伸びたが、非自己用が約8割減と大きく落ち込んだため、全体としては前年度を下回った。また、過去10年で件数は2番目に少なく、面積は最も小さかった。

 開発行為は、建築や特定工作物の建設で土地の区画形質の変更をする際に許可が必要となる。市は、市街化区域が面積1000m²以上、市街化調整区域が規模に関係なく申請を求めている。

 20年度の許可のうち、申請者が自らが使用する自己用案件は3件増の7件で、面積は3・6倍の12万4493m²と伸びを示した。

 最大規模は、共通運送が東区に建設する面積4万248m²の整備倉庫棟、自家用給油施設など。このほかコメリの物販店舗(西区、3万6231m²)、ハマノホテルズのホテル(南区、1万5070m²)などがあった。
 一方、造成後に分譲宅地や物販店舗などへリースされる非自己用は、前年度と同数の13件で、面積は77.4%減の4万6392m²にとどまった。宅地造成の面積は約5割減、店舗関連の開発面積は97%減と大きく落ち込んだ。

 店舗関連は2件減の1件、面積は96.7%減の3339m²。テーシーコアが清田区に整備する物販店舗、整骨院となっている。

 宅地造成は2件増の12件。191区画、3万2976m²で、区画数で150、面積で46.5%それぞれ減少した。

 1万m²超の宅地造成は2件減の1件。スウェーデンハウスが手掛ける南区藤野の39区画となっている。

(北海道建設新聞2021年8月26日付1面より)


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,691)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,973)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,492)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,428)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,242)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。