おとなの養生訓

おとなの養生訓 第214回「後遺症」 治りきらない傷が原因

2021年08月30日 12時00分

 後遺症とは、ある病気が起こり、その病気の原因とそれによる症状は治まったあとに、体の働きに支障がある症状が残っていることを指します。病気は必ず体の一部が壊れるような反応が起こっています。いわば、外から見えないけれども傷を負った状態といえます。病気が治るということは、この傷が癒えていくことを意味します。しかし、傷が完全に治らず、傷がいつまでも残る場合があります。さらに傷が治っても、傷跡が残って、何かの拍子にそこが痛んだりすることもあります。後遺症は治りきらない傷や傷跡によっておこる障害といえます。

 新型コロナウイルス感染症は、最悪、死に至る恐ろしい病ですが、病気が治ったのちも、さまざまな後遺症が残るという、とても厄介な感染症でもあるのです。かぜで後遺症が起こることはありませんし、インフルエンザで後遺症が残ることもほとんどありません。でも、新型コロナの場合はかなり高い確率で後遺症が残ることが分かっています。

 なぜ、新型コロナで後遺症が残りやすいのか、詳しいことは未解明です。ただ言えることは、新型コロナに感染すると、強い炎症が引き起こされ、高熱が出ます。この強い反応により体のさまざまな場所が強く傷つくことになります。したがって、ウイルスが消えた後に、傷の治りが悪くなったり、大きな傷跡が残ったりするので、後遺症が起こりやすいと考えられるのです。

 新型コロナの後遺症はさまざまなものがあります。肺をひどく壊すので、肺に傷跡が残り、息苦しさや呼吸のしにくさがいつまでも残ります。ちょっとした運動ですぐに息切れするようになります。胸の痛みが残る人もいます。鼻や舌の粘膜に強い炎症が起こるので、においや味が分からなくなりますが、これも粘膜や神経がかなり傷つくので、なかなか戻りません。

 においや味が分からないと食べ物をおいしく食べられないので、食欲不振となり、栄養状態が悪化します。新型コロナは神経そのものにも傷を残します。そのため、頭痛が続き、さらに脳の働きが障害され、物覚えが悪くなったり、気力がわかなくなったりして、倦怠感から寝たきりに陥ってしまう人もいます。こうなると、仕事や学業に復帰することは不可能です。

 この後遺症は、むしろ病気自体が軽症であった人に目立つといわれます。「コロナはかぜ」なんて馬鹿なことを言う人がいますが、罪深い、無責任な人です。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,839)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,522)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,243)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,149)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,096)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。