22年度以降の都市再生整備で図書館改修など計画 遠軽町

2021年09月01日 10時00分

 遠軽町は、2019―23年度を期間とする遠軽地区都市再生整備計画の事業で、22年度以降に町図書館改修や仮称えんがる子ども広場、鉄道広場の整備などに取り組む考えだ。町図書館は地域住民の利便性を高めるための整備を検討。子ども広場は、地ビールレストランだった旧ふぁーらいとの建物を改修し、屋内遊戯施設としての活用を想定する。21年度は設計を進める。

現在の町図書館

 同計画は、町中心部の約29haを対象区域とし、22年夏ごろのオープンを予定している町民センター建設など基幹事業7事業、えんがる子ども広場整備など提案事業5事業の計12事業を盛り込んでいる。中心市街地に新たなにぎわいを生み、人と人との交流を創出することを目指す。

 えんがる子ども広場整備は、2000年に建設した岩見通南2丁目の旧ふぁーらいとの建物(RC造、2階、延べ753m²)を改修し、屋内遊戯施設としての活用を検討。遊具の配置など具体的な内容は設計で詰める意向だ。

 町図書館はもともと、スーパーだった建物(S造、2階、延べ1448m²)を08年に町が改修し、図書館とした。内部が店舗用のレイアウトとなっているため、間仕切りや学習スペースの設置といった地域住民の利便性を高める改修を考えている。

 また、鉄道広場整備は、既存のラッセル車やSL、転車台を公共の西町駐車場に移設をしたい考え。まちなかイルミネーション事業は中心市街地の建物などへのイルミネーション実施を検討する。

 21年度は子ども広場を創建社、図書館とまちなかイルミネーションをアトリエアク、鉄道広場をシビテックで、それぞれ設計を進めている。

 このほか、老朽化した福祉センター、高齢者センターを解体し、約100台分を見込む駐車場整備、案内看板設置などは22年度以降の着手となるもようだ。

(北海道建設新聞2021年8月31日付15面より)


関連キーワード: オホーツク 再開発 図書館 文化施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,988)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,046)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,640)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,432)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,295)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。