渋沢1万円札印刷開始

2021年09月06日 09時00分

 日本実業界の父と呼ばれる渋沢栄一の生涯を描くNHKの大河ドラマ『青天を衝け』は、次回からいよいよ「明治の栄一編」に入る。多くの人が知る渋沢翁の業績はここからのものだろう。新編では市場経済の担い手となる実業界を、ゼロからつくり上げていく姿が見られるはず。今から楽しみである

 ▼パリ編最後となる前回の放送では、新編につながる紙幣との出会いに触れていた。明治政府発行の太政官札である。1868年の動乱期に出されたこの札は偽造が容易でかえって経済を混乱させた。そこで政府はドイツに印刷を依頼し、72年にあらためて精巧な紙幣を発行。この時の責任者が大蔵省紙幣頭の渋沢翁だった。後に国立銀行の設立を進め、日本初の近代的な銀行券の発券にも力を尽くしたのはご存じの通り

 ▼よほど紙幣に縁のある人とみえる。2024年度上半期発行が予定される新デザインの1万円札に肖像が使われるのは当然かもしれない。1日に東京都内の国立印刷局で印刷が始まったそうだ。紙幣を刷新する一番の理由は昔と変わらず偽造防止である。新札には世界初の最先端ホログラム技術が導入され、斜めにすると肖像が動いて見えるという。視覚障害者や外国人も識別しやすいよう、紙を立体化したり、色や字体を工夫しているのも特徴だ

 ▼初代1万円札の聖徳太子に慣れ親しんだ世代には、昭和も遠くなりにけりの思いがあろう。二代目の福沢諭吉も在任40年である。高度経済成長からバブル、失われた30年を経て、渋沢翁の新1万円札は次にどんな世の中を見ることになるのか。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 古垣建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,100)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,299)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,832)
山側など3ルート検討 229号乙部町館浦岩盤崩壊本...
2021年09月13日 (1,296)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,035)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第215回は「炭酸好き」。のど越しが渇きを癒やし、爽快な気分にしてくれます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第12回「トイレドアと表示錠」。製造メーカーには、どの人にも伝わる色選びを心がけてほしいですね。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第11回「休業要請と従業員」休業手当があっても退職する人も。働く場所が提供するのはお金だけではありません。