23年4月開校義務教育学校の名称 安平町が募集

2021年09月11日 10時00分

早来地区に新設する義務教育学校の完成予想図

 安平町は2023年4月に開校する義務教育学校の名称を募集している。1人1点で30日まで募り、21年度に決定する予定だ。

 町は「自分が〝世界〟と出会う場所」を新設校のコンセプトに掲げ、学校と地域が校舎を通じて混ざり合う環境づくりを目指している。

 建設地は早来大町159。教育環境計画や建築設計、ICT環境設計のプロで構成するチームで学校づくりに取り組んでいる。施設は7月に丸彦渡辺建設・森本組共同体などで着工した。

 町のホームページのほか、持参、電子メール、FAX、郵便などで応募できる。開校準備委員会での審議後、町教育委員会が決める。(苫小牧)

(北海道建設新聞2021年9月10日付11面より)

 建設工事の詳しい概要など、安平町早来の義務教育学校に関する記事は、過去の北海道建設新聞にも掲載されています。閲覧はe-kensinプラスの記事検索コーナーやe-kensinマップをご覧ください。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,083)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,276)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,831)
山側など3ルート検討 229号乙部町館浦岩盤崩壊本...
2021年09月13日 (1,294)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,031)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第215回は「炭酸好き」。のど越しが渇きを癒やし、爽快な気分にしてくれます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第12回「トイレドアと表示錠」。製造メーカーには、どの人にも伝わる色選びを心がけてほしいですね。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第11回「休業要請と従業員」休業手当があっても退職する人も。働く場所が提供するのはお金だけではありません。