全電力需要を再エネで 石狩市が水素活用へ住友商事と協定

2021年09月13日 15時00分

 全ての電力需要を再生可能エネルギーで賄う「REゾーン」の実現を目指す石狩市は、住友商事と連携して水素事業の社会実装に取り組む。同社は、石狩湾新港地域内の新港中央1丁目ほかに設けるREゾーン(100ha)で水素利活用に関する助言や技術的支援に当たる。7日、連携協定を結んだ。

 地域の再エネを利用した水素製造などを想定し、供給体制の確立を目指す。グリーン水素は地域産業の脱炭素化を促すと同時に、貯蔵して緊急時のエネルギー源としても活用できるためエネルギーのレジリエンス(回復力)にも貢献する。

 市は2017年に「水素戦略構想」を定め、昨年12月には50年までに二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言。協定はこれらの目標を後押しすると期待される。

 石狩市企業連携推進課の堂屋敷誠課長は「水素の製造から利活用までを一貫して地方で取り組む意義は大きい」と事業化に期待を寄せる。具体的な取り組みや目標は今後検討を進めるという。

 住友商事は、水素の製造や配送についてさまざまな実証・事業に取り組んでいる。福島県浪江町とも水素利活用の連携協定を結んだほか、オーストラリアやマレーシアでは水素製造に関するプロジェクトを手掛ける。堂屋敷課長は「水素の知見が豊富な企業に協力してもらえることはありがたい」と期待する。

 石狩市内では洋上風力発電所建設に向けた陸上工事が昨年始まったほか、陸上風力発電の運用や計画、木質バイオマス発電事業など、再エネ供給に向けた動きが加速している。再エネは出力変動が課題とされる中、余剰電力を有効に使う方法としてグリーン水素の製造が世界的に注目度を高めている。

(北海道建設新聞2021年9月10日付3面より)


関連キーワード: エネルギー さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (14,064)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (7,479)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,951)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,520)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,183)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。