国内初 無人トラクターの一括制御など実証実験

2021年10月08日 10時00分

岩見沢市スマートアグリシティコンソーシアム

 岩見沢市や北大などで構成する岩見沢市スマートアグリシティコンソーシアムは5日、岩見沢市内などで無人走行トラクターの一括制御や遠隔操縦の実証実験を実施した。無人走行トラクターの複数稼働や一括制御は国内初となる。

無人走行トラクターを遠隔操縦した

 同コンソーシアムは2019年度に岩見沢市、北大、NTT、NTT東日本、NTTドコモを構成員として設立。高齢化や担い手の減少などにより農業の労働力不足が進む中、生産維持・拡大のためスマート農業技術の高度化実証を進めてきた。今回の実験で用いた技術では、1人で複数台の監視が可能になり、作業効率が向上する。GPSが不安定な地点や障害物があった際にも、現地に向かうことなく対処できる。

 今回の実験は、関係者約80人が見学。岩見沢市新産業支援センターから約40㌔離れた北大構内農場に無人走行トラクター2台、約7㌔離れた岩見沢市内のほ場2カ所に各1台の計4台を配置。同センターの遠隔監視制御室で、車体に取り付けられたカメラからの映像を通して、複数農機を一括制御した。

 防風林などの影響でGPSが不安定な地点や、障害物が農道上にある場合での遠隔操縦も実演した。

 今回の実証実験は一定の成果を収めたものの、北大大学院農学研究院の野口伸教授は「まだまだ技術の成熟には至っていない」と課題を語った。(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年10月7日付10面より)


関連キーワード: ICT 空知 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,230)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,221)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,571)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,524)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,509)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。