国内初 無人トラクターの一括制御など実証実験

2021年10月08日 10時00分

岩見沢市スマートアグリシティコンソーシアム

 岩見沢市や北大などで構成する岩見沢市スマートアグリシティコンソーシアムは5日、岩見沢市内などで無人走行トラクターの一括制御や遠隔操縦の実証実験を実施した。無人走行トラクターの複数稼働や一括制御は国内初となる。

無人走行トラクターを遠隔操縦した

 同コンソーシアムは2019年度に岩見沢市、北大、NTT、NTT東日本、NTTドコモを構成員として設立。高齢化や担い手の減少などにより農業の労働力不足が進む中、生産維持・拡大のためスマート農業技術の高度化実証を進めてきた。今回の実験で用いた技術では、1人で複数台の監視が可能になり、作業効率が向上する。GPSが不安定な地点や障害物があった際にも、現地に向かうことなく対処できる。

 今回の実験は、関係者約80人が見学。岩見沢市新産業支援センターから約40㌔離れた北大構内農場に無人走行トラクター2台、約7㌔離れた岩見沢市内のほ場2カ所に各1台の計4台を配置。同センターの遠隔監視制御室で、車体に取り付けられたカメラからの映像を通して、複数農機を一括制御した。

 防風林などの影響でGPSが不安定な地点や、障害物が農道上にある場合での遠隔操縦も実演した。

 今回の実証実験は一定の成果を収めたものの、北大大学院農学研究院の野口伸教授は「まだまだ技術の成熟には至っていない」と課題を語った。(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年10月7日付10面より)


関連キーワード: ICT 空知 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

法人限定資料請求特典朝食無料キャンペーン(2021年10月1日~2022年3月31日)
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,750)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,588)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,592)
東改札口の整備に23億円を試算 道新幹線札幌駅...
2021年10月05日 (2,341)
夕張市が本庁舎改築に苦慮 財政立て直しで議論進まず...
2021年09月27日 (2,116)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第217回は「解除後の宴会」。ワクチン接種と感染症対策をしっかりしましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第13回「段鼻と踏み板の好ましい配色」。色彩の力で階段事故を防ぐのは、難しいことではありません。

連載 KIECEの台頭
ネクスト札幌の
成長地帯[キース]

札幌周辺5市の、近年の成長ぶりと潜在力を検証する。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第12回「マーケティングの観点」競合商品やサービスの研究や、既存との差別化が必要です。