道内初、UAV資材運搬 上川総合局林務の治山現場で試行

2021年10月12日 10時00分

 上川総合局林務課発注の治山現場でICT施工が本格化している。受注者の中川建設(本社・中川)は、UAVによる建設資材を道内の公共工事では初めて試行し、急傾斜地で安全に資材が運べることを確認。マシンコントロールによる掘削や起工測量・出来形管理、遠隔臨場まで施工・管理を一貫したICTの活用を図っている。

UAVで丸太や柵を現場まで運搬した

 道水産林務部は2021年度、治山工事へのICT導入を開始した。治山の現場は急傾斜地や山林など険しい地形が多いため、安全で効率的な施工手法として注目している。

 モデル工事として上川総合局のトマムスキー場地先復旧治山を選定。主な作工物として木製の土留め3基、木柵81mのほか水路や伏工を施し、斜面を保護する。

 中川建設は新たな取り組みとしてUAVによる建設資材の運搬を、産業用ドローンの販売・技術講習を手掛けるドリームベース(本社・札幌)の協力を得て実施。土留め用の丸太600㌔、柵280㌔の運搬にUAVを導入した。

 林業の苗木運搬用UAV「森飛」で、公共工事での資材運搬には初導入。資材置き場から施工現場までの距離は水平方向で片道300m、垂直方向の高低差で40mあるが、ワイヤロープと専用フックで荷を吊り上げ、1回の飛行で10㌔程度の資材を運ぶことに成功した。

 森飛は発着地点にそれぞれ1人ずつ操縦者を配置してコントロールを途中で切り替える2オペレーター方式を採用。ドリームベースの和合将学常務は「操縦にたけたオペレーターならスピード感を持って作業できる。最低限の発着地点さえ確保できればいいので、無理に木を切って工事用道路を作る必要もない」とメリットを説く。

 試行では3フライトに1回の頻度でバッテリーを交換する必要があった。現場代理人を務める中川建設の斉藤守生土木課長は「バッテリーの充電環境を確保できるかが課題」としながらも、「人力で運ぶより格段に楽で、滑落の危険もないので山奥の現場には適しているのでは」と、治山など急傾斜地工事での有用性を評価した。

 この現場では3Dレーザースキャナーを活用した起工測量とマシンコントロールのバックホーによる掘削を実施しているほか、3D出来形管理による納品も予定。ウェブカメラを用いた遠隔臨場を3回実施していて、移動時間短縮などの効果も上がっている。

(北海道建設新聞2021年10月11日付4面より)


関連キーワード: ICT 治山

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,230)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,221)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,571)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,524)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,509)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。