福祉のまちづくり賞に坂泌尿器科病院と倶知安町役場庁舎

2021年10月21日 12時00分

 道保健福祉部は、福祉的配慮に優れた事例を対象にした「北海道福祉のまちづくり賞」の2021年度受賞者を決めた。公共的施設部門では、札幌市西区にある社会福祉法人北腎会の坂泌尿器科病院と倶知安町役場庁舎が受賞。22日午後2時からポールスター札幌で表彰式を開く。

 北海道福祉のまちづくり条例を施行した1998年度から実施しているもので、本年度で23回目となる。公共的施設、活動、福祉用具の3部門で表彰する。

利用者への細やかな配慮が評価された坂泌尿器科病院

 坂泌尿器科病院はサン設計事務所が設計を担当。建設地は札幌市西区八軒2条西4丁目1の1。多様な人への配慮を細かに考えた設計が高く評価された。特に分かりやすい案内表示やスペース確保、動線などが優れていて、病室内のブース分けもプライバシーを保ちながら圧迫感がない工夫がされている。駐車スペースも広く、隣接する建物には地域貢献に利用できるスペースもある。

地域特性と町民利便性を重視した倶知安町役場庁舎

 倶知安町役場庁舎の設計者は大建設計で、倶知安町北1条東3丁目に完成した。庁舎までのアプローチは屋根ひさしが深く、二重の風除室が雪や寒さを防ぐ構造になっている。内部案内表示板は外国人居住者にも分かりやすく業務内容を英語で説明。子ども連れ来庁者のために、おむつ交換室やキッズコーナー、多目的トイレなども配置している。議場は車椅子スペースや難聴者用ヘッドホンプレートを設置し、誰もが傍聴できるように配慮。町民が求める視点や地域の特徴を取り入れた点が評価された。

 このほか活動部門で1件、福祉用具部門で2件の取り組みが選ばれている。

(北海道建設新聞2021年10月13日付1面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,132)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,088)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,699)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,458)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。