本間純子 いつもの暮らし便

 アリエルプラン・インテリア設計室の本間純子代表によるコラム。

 本間さんは札幌を拠点に活動するインテリアコーディネーターで、カラーユニバーサルデザインに造詣の深い人物。インテリアの域にとどまらず、建物の外装や街並みなど幅広く取り上げます。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第2木曜日に掲載しています)

本間純子 いつもの暮らし便(13) 段鼻と踏み板の好ましい配色

2021年10月15日 09時00分

 国土技術政策総合研究所(国総研)の報告書に、2004年度の転倒・転落による死者数が、交通事故の死者数に匹敵すると書かれていて、非常に驚きました。救急車で運ばれることはなくても、階段や段差で「ひやっ」「はっ」とした経験は誰にもあると思います。かくいう私も自宅の階段で足を踏み外し、そのまま一階の床まで滑り落ちたことがありました。若い頃でしたから軽い打撲で済みましたが、今もし…、いえいえ想像したくありません。日常の中で階段事故は意外に多いのです。

 階段の一段の高さを蹴上、足が載る平らな部分を踏み板(段板)、その先端を段鼻と呼びます。階段事故では、まず、この蹴上と踏み板で作られる「傾斜」に注目がいきます。

 ところが、この報告書では、階段事故の状況は「暗かった」「階段の色が分かりにくかった」「滑り止めがなかった、剥がれていた」のように、踏み板の「見え」に関わるものが半数ほどあり、これに「滑る」が加わります。建築基準法にのっとった傾斜でも事故は防ぎきれないのです。

 以前、照明の色温度と踏み板の色について検証していた時、段鼻の位置に細く切った紙を置くと、階段の一段一段が明確になり、カメラを構えた私の手は止まってしまいました。安心感が全く違うのです。見慣れた階段の段鼻の位置に、線が1本あるだけなのですが…。

 階段事故は上るときより降りるときに多く発生します。降りるときに目に入るのは段鼻と踏み板です。段鼻より手前に足を置くと安全で、段鼻より向こう側に足を置くと転落してしまいます。段鼻は安全の境界線と言えますが、段鼻に注視してしまうのは危険です。降りるときは、段鼻を目安にしつつ、足を置く踏み板にしっかり目が行く必要があります。「分かりやすい踏み板の色」と「暗かった」と言われない十分な明るさの確保が、安心な階段への第一歩です。

 段鼻の色は、踏み板の色との輝度比2・0程度がよいとされています。輝度比は2色のコントラストを比較する指数で、輝度比2・0はマンセル値の明度差3―4に相当します。コントラストの強い方が見分けやすいように思われますが、段鼻ばかりに気を取られ、足を置くべき位置を間違えては意味がありません。

 輝度比2・0程度であれば色相に制限はなく、空間デザインのコンセプトを生かした配色が可能です。同系色でも明度差3―4であれば、どの色覚タイプの人にもロービジョンの人にも、段鼻が分かります。

 高彩度の黄色は、高齢者には白やベージュなどと近い色に感じることがあります。P型(色弱の色覚タイプ)の人には、さえた赤は必ずしも見分けやすい色ではありません。鮮やかさに依存しないことも大切です。

 段鼻は、踏み板の端から端まで、しっかり通すことで効果が上がります。踏み板の柄(模様)は、段鼻の位置の分かりやすさや、踏み外しを誘導しない配色デザインにすることが求められます。

 色彩の力で階段事故を防ぐのは、難しいことではありません。段鼻と踏み板の好ましい配色が、私たちの安全を守ります。

(北海道建設新聞2021年10月14日付3面より)


本間純子 いつもの暮らし便 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,556)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。