道産材の需要旺盛で安定的な原木供給を 道森林管理局

2021年10月25日 09時00分

立木販売前倒しなど

 国際的な木材不足「ウッドショック」が続く中、道内でも影響を受けてエゾマツやトドマツ、カラマツなど道産材の需要が旺盛な状況にある。外材から道産材への転換に注目が集まるものの、全ての需要に応じきれていない現状も見られる。道内国有林の管理経営を担う北海道森林管理局は、国有林材の供給調整について、現状では必要ないものの旺盛な木材需要に対して安定的に原木供給を行う必要があるとした。具体的な方針として、立木販売の前倒しと生産した素材の早期販売を継続する。2021年度第2回国有林材供給調整検討委員会の検討結果として示した。

道産木材の旺盛な需要が顕在化するものの
現場の生産能力向上には踏み切れていない現状がある

 道内の木材市況概況を見ると、8月の主要品目の価格動向は、素材(工場着)がトドマツ(直径30―38cm、長さ3・65m)で1万3000円と前月比0.8%増、エゾマツ(30―38cm、3・65m)で1万3400円と1.5%増。製材受注は好調だが、時期的に原木の入荷量が少なく引き続き原木不足感がある。

 製材(工場渡)はエゾマツ・トドマツ(厚さ10・5cm、幅10・5cm、長さ3・65m)で5万8900円と前月比1.2%増。エゾマツ・トドマツは建築材として引き続き需要は高いが、工場の生産能力や原木の入荷状況によって全ての需要には応じ切れていない状況にある。

 同委員会には、森林総合研究所や道、林業関係の組合や木材・建材関連業者などが委員として参加。委員からの意見として、原木生産量・消費量が思った以上に増えてない印象の一方、製材価格は道央圏を中心に順調に上がっており、製材は全体的に不足しているが、生産量が増やせない状況にあることが挙がった。また、生産・供給量を増やすためには現状では限界があり、生産体制や雇用対策・労働環境の改善などが必要と考えているとの意見もあった。

 ただ一部では、「ウッドショック」の影響で2―2・5倍の価格を出していた2×4材の値段が下がってきたとの意見もあり、安易に増産体制に踏み切れない事情が垣間見える。

(北海道建設新聞2021年10月21日付1面より)


関連キーワード: 林業 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。