旧専修大道短大の土地と建物ネット公売が直前で中止に

2021年10月27日 13時00分

 美唄市が予定していた旧専修大北海道短大[MAP↗]の土地約105haと建物9棟一括のインターネット公売が、中止になった。市税滞納処分として差し押さえた物件。入札に2者の申し込みがあったが、入札直前に所有者側が、差し押さえ徴収金の納付など公売ガイドラインの中止要件を満たし、入札は取りやめとなった。

 土地と建物は、不動産投資事業のディスカバリー有限責任事業組合(本部・東京)などが所有。場所は国道12号から近い美唄1610の1で、学校用地や保安林、山林、原野などの土地計105万5096m²の広さ。建物は、1968年新築の校舎(RC造・S造、地下1地上7階、延べ1万6089m²)や研修所、車庫、温室など9棟となっている。

 インターネット公売については、所有者側との協議を経て、売却先を募った。見積価格(最低価格)は3112万円。19日までに2者の申し込みがあり、25日―11月1日の期間に入札を設定していたが、所有者側が21日に公売ガイドラインの中止要件(差し押さえ徴収金の納付や一部入金、完納見込みが立つなど)を満たしたため、入札が取りやめとなった。詳細は非公表としている。

 同短大は2013年に閉校。学校法人専修大がディスカバリー有限責任事業組合に校地・校舎の不動産を売却し、16年に引き渡しとなった。同組合は施設を改修し、スポーツ研修センターや新薬の開発・検証などをする研究開発センターとして活用するとしていたが、市によると実績はなく、固定資産税を滞納したため差し押さえとなった。

 民有とは言え、老朽化した建物と広大な土地が塩漬けになっており、市にとっても今後の行方が気になるところだ。市税務課では「市税をきちんと納め、有効に跡地利用してもらえたら」と話している。

(岩見沢)

(北海道建設新聞2021年10月26日付1面より)

旧専修大道短大の土地・建物ネット公売について、過去のニュースの閲覧はe-kensinプラスの記事検索コーナーまたはe-kensinマップをご覧ください。


関連キーワード: 土地活用 学校 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。