中央公民館を建て替え他施設と機能集約 深川市

2021年10月29日 09時00分

建設地などを検討へ

老朽化が進む中央公民館。建て替えの議論をしている

 深川市は、老朽化が進行している中央公民館について、建て替えの方向で検討を進めている。現段階では、他施設との機能集約も視野に入れ、建設地や機能について選定している。整備時期については未定だが、財政状況を考慮しつつ、なるべく早めに着手できるよう努めていく考えだ。

 5条7の23にある同施設は規模がRC造、地上3階塔屋1階、延べ1970m²。講堂をはじめ、研修室、実験工作室、料理実習室、視聴覚室、和室、会議室があり、サークルや講座などの生涯学習や会合、校外学習、児童・生徒の自主学習などに利用できる。

 近隣には、市立病院や文化交流ホールみ・らいがある。1975年建設で築45年が経過しており、整備の必要性があった。

 2016年度は市民アンケート、19年度には意見交換会を実施。収集した市民の意見をはじめ、現在の利用形態などを見極めながら、建設地、機能などについて内部検討している。

(北海道建設新聞2021年10月28日付12面より)


関連キーワード: 建て替え 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,788)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,645)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,339)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,012)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,922)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。