本間純子 いつもの暮らし便

 アリエルプラン・インテリア設計室の本間純子代表によるコラム。

 本間さんは札幌を拠点に活動するインテリアコーディネーターで、カラーユニバーサルデザインに造詣の深い人物。インテリアの域にとどまらず、建物の外装や街並みなど幅広く取り上げます。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第2木曜日に掲載しています)

本間純子 いつもの暮らし便(14)テレワークに向かない仕事

2021年11月12日 09時00分

 長く使っていたWi―Fiルーターが先日、再起不能となりました。今年に入ってから、度々不調を訴えていたので、交代の検討はしていたのですが、とうとうその日が来てしまいました。パソコンはこれまで通りメールもネット検索もできるので、基本的に不自由はないのですが、Wi―Fi接続のiPadが使えず不便です。重めの「Wi―Fi依存生活」になっていることを認識する事件でした。

 インテリアコーディネーターは、三角スケールと鉛筆とカッターがあれば、基本的に仕事は可能でしたが、今はiPadでカタログを開きながら、パソコンで提案資料を作成するのがデフォルトになりました。各メーカーの製品画像をダウンロードして資料に貼るので、カタログの写真を切り取ることがなくなり、カッターの出番は減少。インターネットによって、提案の準備は変化しています。

 デジタルカタログは、図面の細かなところを拡大できる利点もあって、出先での出番が増え、打ち合わせに持ち歩くカタログの数が少なくなりました。それでも、2種類の製品を比較したい時は紙のカタログの方が便利ですし、色彩や素材感は見本帳がなければ判断ができません。床・壁・天井の色が相互に影響し合う色かぶりや、光沢がある素材の写り込みなど、インテリアならではの要注意事項は、現物サンプルの確認が不可欠です。

 提案資料のほとんどをパソコンで作りますが、私の仕事はその中では完結しません。「提案資料を紙に印刷」「現物サンプルを見てインテリアの材料を決める」など、アナログな部分の方が多いのです。実際の建築現場では、多くの人の手によって家を作り上げますし、インテリアの家具やカーテンの工事は、現場の状況に合わせる対応が求められます。竣工までの時間も、インテリアコーディネーターの仕事です。

 緊急事態宣言下に「インターネットの会議システムを使って、カーテンの打ち合わせをしたが、うまくいかなかった」といった話を聞きました。居合わせた人は皆「そうだろうなぁ」と納得の表情。パソコンのモニターで見る色は実際の色と一致しませんし、手触りや重さは実感しにくいので、お客さまも判断しかねたのかもしれません。

 カーテンメーカーのウェブ新作発表会では、生地の素材感が分かるよう工夫して見せてくれましたが、ビニール手袋をしたまま生地に触れているような感覚で、もどかしさが先立ちます。メーカー側もインテリアコーディネーター側も、お互いに歯がゆい思いの発表会だったようです。「私の仕事はテレワークには向かないなぁ」と感じました。

 パソコンの性能が上がったほか、私の慣れもあって、提案書の作成は早くなりました。私のパースは手描き派ですが、写真のようなインテリアパースを作成したり、3D画像の室内を自由に歩いて見ることができるアプリケーションもあります。いずれ手触りや重さ、匂いや温度を感じながら、仮想空間でインテリアを検討するようになるのかもしれません。

 今はアナログな工程が多いインテリア業界。どこまでデジタルに置き換わるのか、気になるところです。

(北海道建設新聞2021年11月11日付3面より)


本間純子 いつもの暮らし便 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。