厚岸グルメパークが3冠 道内道の駅ランキング2020

2021年11月13日 10時00分

家族向けはサーモンパーク千歳

 北海道開発局が発表した道内の道の駅ランキング2020では、厚岸グルメパークが8部門のうち3部門で第1位を獲得した。ゆっくり休憩でき、手軽に魚介類のカキなどを堪能できるグルメが決め手となった。2部門でトップとなったサーモンパーク千歳は、キッズスペースエリアが充実。きれいなトイレ環境は例年高い評価を受けている。

 2020年に開いた道内の道の駅124カ所を巡るスタンプラリーで、100カ所以上のスタンプを押印した「完走者」へのアンケートを集計。「道路や地域に関する情報提供が充実していた」「冬に訪れたい」など8部門のランキングを作成した。

 厚岸グルメパークは「ゆっくり休憩できたと感じた」「長時間滞在したい」「いちおしの〝おいしいもの〟」の各部門で首位に。ブランドのカキの提供、厚岸湾の景色といった地場の魅力にあふれる同駅。屋外への椅子やテーブル増設などの工夫が、コロナ禍での3冠獲得を後押しした。

館外に座席を増設した厚岸グルメパーク敷地

 サーモンパーク千歳は4年連続で「トイレがきれいだと感じた」部門の首位を守った。広くソーシャルディスタンスが保たれ、美術館のような構造が好評を維持。また「家族で訪れたい」でもトップとなっており、キッズスペースや水族館などの子どもの遊び場・学び場が館内外に展開している点も評価されている。

キッズスペースが子育て世代に優しいサーモンパーク千歳館内

 例年実施のスタンプラリーは、参加者数が4万人前後で推移。20年度は新型コロナウイルスの影響で約3万人に落ち込んでいるが、完走者数は過去5年間で2番目に多い2839人だった。

(北海道建設新聞2021年11月10日付1面より)


関連キーワード: 観光 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,949)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,592)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,989)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (6,053)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,941)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。