新月寒体育館に365億円 札幌市の冬季五輪施設整備

2021年11月18日 09時00分

 札幌市は2030年招致を目指す冬季五輪・パラリンピックに伴う施設整備で、アイスホッケー会場となる新月寒体育館関連に総額365億円、既存ホテルや建て替えた市営住宅を活用する選手村に同157億円、大倉山ジャンプ競技場に同78億円をみている。

 市の負担分として、新月寒体育館関連に214億円、選手村に86億円を試算。大倉山ジャンプ競技場はほぼ全額を負担する。

 五輪・パラリンピック招致に伴う同競技場の改修に向け、パシフィックコンサルタンツが冬季五輪開催概要計画検討業務を進めていて、ノーマルヒルの併設も視野に入れている。民間活力導入や設計施工一括を含めて発注方法を比較検討している。

 市は月末公表予定の開催概要計画修正案で、19年度に試算した開催経費3100億―3700億円から2800億―3000億円に削減した開催経費を盛り込む方針。施設整備費の総額は800億円で、うち市の負担は500億円弱に下方修正する見通しだ。

 施設整備費に関しては国際オリンピック委員会(IOC)の意向に沿い、真駒内公園屋内競技場の建て替えをやめて改修にとどめるなど、既存設備を活用することで経費を圧縮したい考え。

(北海道建設新聞2021年11月17日付10面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,630)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,623)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,303)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,201)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,150)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。