20年度末で10社開設 旭川市でサテライトオフィス増加

2021年11月19日 15時00分

市が視察補助など誘致推進

 旭川市内でサテライトオフィス誘致が進んでいる。2020年度末時点でIT企業を中心に10社が事業所を開設。市は視察や滞在費を補助し、十数社に新規のオフィスやワーケーションの誘致を試みているほか、2カ所で拠点開設が可能な大型レンタルオフィスの整備を支援する。空港に近く首都圏との往来も容易なメリットを生かし、地域での雇用促進や移住・定住につなげる構えだ。

神田館にはICTパークに次ぎ、レンタルオフィスが開設する

 総務省がまとめた地方公共団体が誘致したサテライトオフィスの開設状況によると、20年度末で道内は86件。うち10件が旭川市で、10人以下の小規模なIT系事業所の開設が相次いでいる。

 20年度はITベンチャーのビックボイス(本社・東京)が緑が丘の旭川リサーチセンター内に事務所を設置。19年度にも同センターにPC製造・販売を手掛けるクエストコンピュータ(同)が入居したほか、3社が市内に拠点を置くなど近年は増加傾向だ。

 コロナ禍でテレワークが一般化したことを踏まえ、市は拠点開設やワーケーション実施のための企業視察の旅費や滞在費を補助する制度を創設。20年度予算の繰り越し分と21年度当初合わせて13件を採択し、事務所の開設が可能な物件の紹介なども進めている。

 市内には旭川リサーチセンターをはじめ、サテライトオフィスが開設できるレンタル施設が5カ所ある一方、共有のコワーキングスペースが中心となっているものが多い。市は21年度、テレワーク施設の整備補助を新設し、セキュリティーの高い個室や高速のWi―Fi環境が整った拠点2件の開設を補助することを決めた。

 野村設計(本社・旭川)とSanagy(同)は宮下通19丁目右4にあるRC造、4階建ての居住用ビルをサテライトオフィスや、地域の学生や住民との交流スペースにリノベーション。ITセキュリティー企業のラック(本社・東京)はICTパークが入居する神田館の1階空きテナントを、個室や会議室を備えたテレワーク施設に改修する。

 市の担当者は、市街地に近く冬季でも就航率が高い旭川空港が首都圏との往来に優位と分析。Uターン需要も視野に入れ、都市部で拠点開設のPR活動を展開する方針だ。

(北海道建設新聞2021年11月18日付8面より)


関連キーワード: ICT 上川 働き方改革

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,132)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,088)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,699)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,458)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。